DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >

利用統計


高頻度閲覧資料: [ 今月 ] 今年  ] 去年  ] 全期間  ]
統計サマリー: 期間別  ] 国別 ]  

高頻度閲覧資料:   2009-11

順位 資料名 ダウンロード
1 上顎歯肉癌と下顎歯肉癌における顎骨浸潤様式と予後に関する臨床病理学的研究 205

周術期肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症予防ガイドラインを導入後の成果と問題点 205
3 下顎智歯の抜歯って怖い!!(下歯槽神経麻痺) : 東京歯科大学千葉病院主催「症例検討会」 198
4 口腔ケアによる誤嚥性肺炎予防 148
5 若年者と高齢者の味覚と唾液分泌量の関連性について 136
6 第286回東京歯科大学学会(総会) 105
7 ラット培養骨髄細胞の移植による歯周組織の再生 95
8 ダウン症児における一過性白血病の発症機序に関する最近の知見 91
9 【呼吸・循環イラストレイテッド 病態生理とアセスメント】 検査によるアセスメント 酸塩基平衡異常の診断と主な病態 血液ガスによる酸塩基平衡の評価 87
10 歯科治療に継発した皮下気腫について 86
11 オールセラミックレストレーションを実現するためのジルコニアの材料特性 85

顎関節症 : 診査,診断および治療 85
13 最近経験した幼児下顎骨骨折の3例 : 虐待発見,事故防止指導,私達ができることは 84
14 日常的手洗い法で細菌の残りやすい部位の特定および手指消毒の効果 83
15 千葉県市川市における口腔がん早期発見システム構築の試み 80
16 口腔乾燥症(ドライマウス)の臨床統計的検討 : 東京歯科大学千葉病院におけるドライマウス外来について 79
17 門脈血栓症を合併した細菌性肝膿瘍の一例 77
18 培養歯髄細胞を骨欠損部に自家移植することによる骨治癒に与える影響 75
19 SW知覚テスターを用いた舌の知覚の正常値に関する研究 71
20 下顎頭過形成を伴う顔面非対称の外科矯正再治療例 69
21 第284回東京歯科大学学会(総会) 67

頬部から側頭下窩まで拡大した血管周皮腫の1例 67
23 インフルエンザウイルス感染と細菌性プロテアーゼ 66
24 デュアルキュア型接着性レジンセメントの歯質接着性 エナメル質と象牙質の比較 61
25 掌蹠膿疱症の病因と治療 60
26 地域連携NSTにおける歯科衛生士の役割 : 歯科衛生士が中心的役割を担った一例 58
27 不妊治療の最近の進歩 : その光と影 54

男性不妊症としての逆行性射精の研究 54
29 東京歯科大学衛生学講座2007年の記録 53
30 骨格性上顎前突症患者に正中分割を加えた上顎前方歯槽部骨切り術を施行した外科的矯正治療例 52
31 根治的手術を施行し得た同時性重複癌(進展舌癌と食道癌)の1例 51
32 唾液分泌抑制作用におけるGABA受容体の存在と機能 50

近赤外線組織酸素モニター下の右腋窩動脈一側送血による脳分離体外循環法 50
34 東京歯科大学市川総合病院脳神経外科における7年間138例の三叉神経痛症例の臨床検討 49

下顎枝矢状分割法を施行した下顎前突症患者における近位骨片の位置変化 49
36 Channelopathies 48
37 Cornelia de Lange 症候群患者に対する摂食・嚥下機能療法を行った1例 47

口腔症状の迅速な診断がHIV感染患者の早期診断と治療に有用であった1例 47

児童におけるBMIと咀嚼回数の関連性 47
40 習志野市歯科医師会と行っている口腔癌検診 : 10年間の検討 46

口腔がん患者に対する歯科衛生士の関わり : 専門的口腔ケアによるがん緩和療法への取り組み 46
42 市販の歯磨剤によるホワイトニングの効果 45

口腔体操が高齢者の口腔機能へ及ぼす効果 45

Three-dimensional analysis of pulp chambers in maxillary second deciduous molars 45
45 インプラント材料とその表面 : その2.インプラント材としてのアパタイト 44

医療施設等における微小昆虫類による院内感染拡大の関与に関する研究 44
47 Three-dimensional finite elemental analysis of zygomatic implants in craniofacial structures 43

ラット耳下腺腺房細胞におけるアポトーシスとアクチンフィラメントの形態的変化との関連性 43

Le Fort Ⅰ型骨切り術からみた顎動脈とその分枝の走行に関する外科解剖 43

Y-chromosomal binary haplogroups in the Japanese population and their relationship to 16 Y-STR polymorphisms 43