DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >

利用統計


高頻度閲覧資料: [ 今月 ] 今年  ] 去年  ] 全期間  ]
統計サマリー: 期間別  ] 国別 ]  

高頻度閲覧資料:   2012-02

順位 資料名 ダウンロード
1 摂食・嚥下障害を理解するための解剖 1048
2 機能時の歯の動態に関する研究 : 特に上顎第一大臼歯について 901
3 下顎智歯の抜歯って怖い!!(下歯槽神経麻痺) : 東京歯科大学千葉病院主催「症例検討会」 726
4 ダウン症児における一過性白血病の発症機序に関する最近の知見 465
5 2011年保存修復学臨床基礎実習マニュアル 440
6 看護師による入院患者への口腔ケアの取り組みの現状 417
7 口腔ケアによる誤嚥性肺炎予防 416
8 歯科治療に継発した皮下気腫について 380
9 歯科麻酔系「アドレナリン添付リドカインとフェリプレシン添付プロピトカインの使い分けは?」 352
10 上顎歯肉癌と下顎歯肉癌における顎骨浸潤様式と予後に関する臨床病理学的研究 300
11 オールセラミックレストレーションを実現するためのジルコニアの材料特性 281
12 インプラント材料とその表面 : その1.インプラント材としてのチタン 219
13 糖尿病ラットの皮膚創傷治癒過程におけるインスリンの影響に関する実験的研究 216
14 掌蹠膿疱症の病因と治療 214
15 クラウンブリッジ補綴系「メタルコアの形成手順について教えてください。」 211
16 ボーングラフトはゴールドスタンダード : 簡単に行える骨移植の実際 210
17 Bone morphogenetic protein(BMP)の多型性と機能特性 197
18 世界の歯科衛生士の比較・検討 : 日本・アメリカ・スウェーデン・韓国 188
19 東京歯科大学創立120周年記念学術講演会 : 第289回東京歯科大学学会 186
20 歯科用コーンビームCTと医科用CTとの違い -その2- 185
21 診断に苦慮した紡錘細胞癌の1例 177
22 インフルエンザウイルス感染と細菌性プロテアーゼ 175
23 舌下腺の下方突出により生じた顎下型ガマ腫の1例 170
24 【呼吸・循環イラストレイテッド 病態生理とアセスメント】 検査によるアセスメント 酸塩基平衡異常の診断と主な病態 血液ガスによる酸塩基平衡の評価 169
25 インプラント材料とその表面 : その3.インプラント表面と生体 167
26 唾液分泌抑制作用におけるGABA受容体の存在と機能 164
27 インプラント材料とその表面 : その2.インプラント材としてのアパタイト 161
28 顎関節症を見直す : 5.画像検査法と診断 160
29 周術期肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症予防ガイドラインを導入後の成果と問題点 157
30 歯ブラシの保管方法とその生存細菌数について 149
31 若年者と高齢者の味覚と唾液分泌量の関連性について 144
32 顎堤の傾斜によって下顎義歯の安定を得ることに苦慮した総義歯の一症例 140
33 Le Fort Ⅰ型骨切り術からみた顎動脈とその分枝の走行に関する外科解剖 137
34 良性歯原性腫瘍を疑った上顎に生じた歯根嚢胞の3症例 133
35 維持血液透析患者における急性膵炎の病態・診断・治療 : 3症例の解析をもとに 124
36 おしよせる非抜歯矯正治療の波 : 個人の最適なゴールを目指して 123
37 骨芽細胞様細胞MC3T3-E1の分化におよぼすアクチビンAとTGF-β1の作用 120
38 ゼータ電位によるアパタイト表面への牛血清アルブミンの吸着に関する実験的研究 119
39 内科系「肝臓疾患のある患者に対する歯科治療上で注意すべき点,知っておくべき点について教えてください。」 114

機能的頸部郭清術施行時に副神経が内頸静脈を貫通していた口腔癌の2例 114

難治性根尖性歯周炎に対する水酸化カルシウム製剤「カルビタール」の有用性 114
42 地域連携NSTにおける歯科衛生士の役割 : 歯科衛生士が中心的役割を担った一例 112

頸椎牽引療法が顎口腔系へ及ぼす影響 : 咀嚼運動からの検討 112
44 手術を回避した骨格性反対咬合の2治験例 111
45 日常的手洗い法で細菌の残りやすい部位の特定および手指消毒の効果 106
46 Cornelia de Lange 症候群患者に対する摂食・嚥下機能療法を行った1例 104

シリーズ「人体における内視鏡の世界」 : 12.胸腔の内視鏡 104
48 頬部から側頭下窩まで拡大した血管周皮腫の1例 101
49 舌痛症、口腔カンジダ症、味覚異常における臨床検査 100
50 常染色体エナメル質形成不全症家系の原因遺伝子の同定と遺伝子診断 99