DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >

利用統計


高頻度閲覧資料: [ 今月 ] 今年  ] 去年  ] 全期間  ]
統計サマリー: 期間別  ] 国別 ]  

高頻度閲覧資料:   2015-05

順位 資料名 ダウンロード
1 造血細胞移植患者の口腔ケアとその意義 2723
2 摂食・嚥下障害を理解するための解剖 928
3 下顎智歯の抜歯って怖い!!(下歯槽神経麻痺) : 東京歯科大学千葉病院主催「症例検討会」 683
4 糖尿病患者の歯科治療上注意すべき点,知っておくべき点について教えてください 661
5 2011年保存修復学臨床基礎実習マニュアル 659
6 看護師による入院患者への口腔ケアの取り組みの現状 556
7 歯科保存学系「根管治療薬剤の選択基準がよく分かりません。使い分けのマニュアルを教えてください。」 542
8 総義歯の咬合採得手順と注意事項について教えてください。 520
9 クラウンブリッジ補綴系「メタルコアの形成手順について教えてください。」 482
10 口腔外科系「顎が外れた患者さんへの対応は?」 438
11 歯科治療に継発した皮下気腫について 403
12 内科系「肝臓疾患のある患者に対する歯科治療上で注意すべき点,知っておくべき点について教えてください。」 402
13 気管支喘息を有する患者に対する歯科治療時の注意点を教えてください 398
14 歯科麻酔系「アドレナリン添付リドカインとフェリプレシン添付プロピトカインの使い分けは?」 380
15 口腔ケアによる誤嚥性肺炎予防 368
16 局所麻酔薬アレルギーがあるという患者が来院しました。どんな検査を行えば良いでしょうか。 354
17 アルツハイマー型認知症高齢者における自立摂食困難の要因 344
18 ダウン症児における一過性白血病の発症機序に関する最近の知見 335
19 掌蹠膿疱症の病因と治療 327
20 高血圧の患者さんの歯科治療上注意すべき点,知っておくべき点について教えてください。 322
21 関連医学系「透析を受けている患者さんの観血処置について,歯科治療上注意すべき点,知っておくべき点について教えてください。」 320

クラウンのマージンはどこに設定すればよいのか教えてください。 320
23 メタルコアの印象手順について教えてください。 317
24 診断に苦慮した紡錘細胞癌の1例 283
25 歯科用金属アレルギーの動向 : 過去10 年間に広島大学病院歯科でパッチテストを行った患者データの解析 281
26 世界の歯科衛生士の比較・検討 : 日本・アメリカ・スウェーデン・韓国 269
27 その粘膜は,癌化するのか? : 口腔上皮性異形成の癌化能診断 263
28 唾液腺マッサージと保湿剤の効果 245
29 集学的治療を行った上顎洞癌の一例 244
30 有床義歯補綴系「総義歯の筋圧形成について教えてください。」 242

インプラント材料とその表面 : その2.インプラント材としてのアパタイト 242
32 歯科用コーンビームCTと医科用CTとの違い -その2- 241
33 歯ブラシの保管方法とその生存細菌数について 238
34 市販のペットボトル入り茶飲料中のフッ化物イオン濃度 231
35 日常的手洗い法で細菌の残りやすい部位の特定および手指消毒の効果 225
36 インプラント材料とその表面 : その1.インプラント材としてのチタン 220
37 顎関節症を見直す : 2.顎関節の形態と機能 213
38 人工膝関節関節置換術における軟部組織バランスの評価法 : コンピュータを用いた術中モニターリング 212

歯内療法系「根管拡大・形成-感染根管と抜髄根管とで,それぞれ目安として何号位まで拡大すればよいのでしょうか?」 212
40 術後感染予防における抗菌薬の使用法 209
41 一日の生活と口腔内細菌 198
42 難治性根尖性歯周炎に対する水酸化カルシウム製剤「カルビタール」の有用性 196
43 東京歯科大学市川総合病院の呼吸ケアチームにおける歯科衛生士のアプローチ 193
44 歯科治療による外傷性知覚神経麻痺 : 病因,診断,対応および処置 190
45 早期口腔癌のヨード・トルイジンブルー生体染色テスト 189
46 顎関節症を見直す : 5.画像検査法と診断 188

歯科麻酔系「血管迷走神経反射を起こした患者が休憩後に回復しました。予定処置を行ってもよいでしょうか。」 188
48 【呼吸・循環イラストレイテッド 病態生理とアセスメント】 検査によるアセスメント 酸塩基平衡異常の診断と主な病態 血液ガスによる酸塩基平衡の評価 185
49 細胞間結合装置と口腔の機能・病態 183
50 上顎歯肉癌と下顎歯肉癌における顎骨浸潤様式と予後に関する臨床病理学的研究 180