DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >
010 雑誌掲載論文 = Journal Articles >
010 論文 = Journal Articles >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください:
http://hdl.handle.net/10130/1939
   
Google™ Scholar
引用元 - 関連記事 - グループ

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
jbc.M109.100131.pdf1.89 MBAdobe PDFダウンロード
タイトル: Specific Behavior of Intracellular Streptococcus pyogenes That Has Undergone Autophagic Degradation Is Associated with Bacterial Streptolysin O and Host Small G Proteins Rab5 and Rab7
著者名(英): Sakurai, A
Maruyama, F
Funao, J
Nozawa, T
Aikawa, C
Okahashi, N
Shintani, S
Hamada, S
Ooshima, T
Nakagawa, I
著者所属: 小児歯科学
口腔科学研究センター
出版者: American Society for Biochemistry and Molecular Biology
ISSN: 0021-9258
1083-351X
DOI: http://dx.doi.org/10.1074/jbc.M109.100131
PMID: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20472552
URI: http://hdl.handle.net/10130/1939
掲載誌名: The Journal of biological chemistry
刊行年月: 2010-07
巻: 285
号: 29
開始ページ: 22666
終了ページ: 22675
NCID: AA00251083
出現コレクション:010 論文 = Journal Articles

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。