DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >
050 Bulletin of Tokyo Dental College >
Vol.48 no.2 (2007) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください:
http://hdl.handle.net/10130/203
   
Google™ Scholar
引用元 - 関連記事 - グループ

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
48_47.pdf265.01 kBAdobe PDFダウンロード
タイトル: Effect of Cevimeline on Radiation-Induced Salivary Gland Dysfunction and AQP5 in Submandibular Gland in Mice
著者名: Takakura, K
Takaki, S
Takeda, I
Hanaue, N
Kizu, Y
Tonogi, M
Yamane, GY
著者所属: 市病・オーラルメディシン・口腔外科学
出版者: Tokyo Dental College Press
ISSN: 0040-8891
DOI: http://dx.doi.org/10.2209/tdcpublication.48.47
PMID: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17978545
URI: http://hdl.handle.net/10130/203
内容記述: 博士(歯学)・第1709号(甲第992号)・平成19年3月31日
掲載誌名: Bulletin of Tokyo Dental College
刊行年月: 2007-05
巻: 48
号: 2
開始ページ: 47
終了ページ: 56
NCID: AA00592969
出現コレクション:Vol.48 no.2 (2007)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。