DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >
040 歯科学報 = THE SHIKWA GAKUHO >
Vol.118 no.05 (2018) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください:
http://hdl.handle.net/10130/4713
   
Google™ Scholar
引用元 - 関連記事 - グループ

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
118_482_2.pdf1.25 MBAdobe PDFダウンロード
タイトル: №20:疑似的短縮歯列が顆頭変位に及ぼす影響-タッピング運動時と側方滑走運動時の三次元的顆頭変位について-
著者名: 酒井, 遼
山下, 秀一郎
著者所属: パーシャルデンチャー補綴学
出版者: 東京歯科大学学会
ISSN: 0037-3710
URI: http://hdl.handle.net/10130/4713
掲載誌名: 歯科学報
刊行年月: 2018-10-30
巻: 118
号: 5
開始ページ: 482
終了ページ: 482
NCID: AN0009999X
出現コレクション:Vol.118 no.05 (2018)

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。