DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >

研究者ページ: 微生物学講座 (2014)

 ≫Research
 ≫0.プロフィール
 ≫1.原著論文
 ≫2.総説・解説
 ≫3.プロシーディング・学会発表

  Research
  0.プロフィール
    教室員と主研究テーマ ほか
  1.原著論文
    Antiseptic effect of slightly acidic electrolyzed water on dental unit water systems.
    Komachiya M, Yamaguchi A, Hirai K, Kikuchi Y, Mizoue S, Takeda N, Ito M, Kato T, Ishihara K, Yamashita S, Akihiro K. Bull Tokyo Dent Coll. 2014;55(2):77-86.
    Csa2, a member of the Rbt5 protein family, is involved in the utilization of iron from human hemoglobin during Candida albicans hyphal growth.
    Okamoto-Shibayama K, Kikuchi Y, Kokubu E, Sato Y, Ishihara K. FEMS Yeast Res. 2014 Jun;14(4):674-7.
    Dentilisin involvement in coaggregation between Treponema denticola and Tannerella forsythia.
    Sano Y, Okamoto-Shibayama K, Tanaka K, Ito R, Shintani S, Yakushiji M, Ishihara K. Anaerobe. 2014 Aug 23;30C:45-50.
    Evaluation of a rapid oral bacteria quantification system using dielectrophoresis and the impedance measurement.
    Hirota K, Inagaki S, Hamada R, Ishihara K, Miyake Y. Biocontrol Sci. 2014;19(1):45-9.
    Infection with Porphyromonas gingivalis Exacerbates Endothelial Injury in Obese Mice.
    Ao M, Miyauchi M, Inubushi T, Kitagawa M, Furusho H, Ando T, Ayuningtyas NF, Nagasaki A, Ishihara K, Tahara H, Kozai K, Takata T. PLoS One. 2014 Oct 21;9(10):e110519.
    Porphyromonas gingivalis SODにおける活性中心近傍に局在するアミノ酸残基の金属特異的活性における関与 Leu72 TrpおよびLeu76 Pheの2残基変異による検討(Contribution of the amino acid residues located near the active site metal to the metal-specific activity of Porphyromonas gingivalis SOD induced by a double mutation of Leu 72 Trp and Leu 76 Phe)(英語)
    三原 正志(松本歯科大学 歯科矯正学講座), 小町谷 美帆, 溝上 真也, 大澤 雅樹, 上松 節子, 菊池 有一郎, 大久保 裕一郎, 平井 要, 黒岩 昭弘, 山田 一尋, 山倉 文幸, 平岡 行博 松本歯学(0385-1613)40巻1号 Page26-34(2014.06)
    Porphyromonas gingivalisスーパーオキシドジスムターゼの構造における72位LeuをTrpに置換した影響(Effect of substituting Trp for Leu at position 72 on the structure of Porphyromonas gingivalis superoxide dismutase)
    小町谷 美帆(松本歯科大学 歯科補綴学講座), 溝上 真也, 三原 正志, 大澤 雅樹, 菊池 有一郎, 上松 節子, 平井 要, 大久保 裕一郎, 黒岩 昭弘, 山田 一尋, 山倉 文幸, 平岡 行博 松本歯学(0385-1613)40巻1号 Page19-25(2014.06)
    Role of extracytoplasmic function sigma factors in biofilm formation of Porphyromonas gingivalis
    Onozawa, S., Kikuchi, Y., Shibayama, K., Kokubu, E., Nakayama, M., Inoue, T., Nakano, K., Shibata, Y., Ohara, N., Nakayama, K., Ishihara, K., Kawakami, T., Hasegawa, H. BMC Oral Health. 2015 15:4
    The effect of artificial recombinant bone morphogenetic protein 2 with titanium-binding peptide on a Ti graft in vivo
    Kokubu E, Kokubun K, Matsuzaka K, Kashiwagi K, Shiba K, Inoue T, Ishihara K, Yoshinari M. J. Oral Tissue. Eng. 2014 12(1): 1-7
    Vinculin and Rab5 complex is required [correction of requited]for uptake of Staphylococcus aureus and interleukin-6 expression.
    Hagiwara M, Kokubu E, Sugiura S, Komatsu T, Tada H, Isoda R, Tanigawa N, Kato Y, Ishida N, Kobayashi K, Nakashima M, Ishihara K, Matsushita K. PLoS One. 2014 Jan 23;9(1):e87373.
    シタフロキサシンの人工バイオフィルムに対する抗菌力の検討
    大石 匠(慶応義塾大学 医学部歯科・口腔外科学教室), 深谷 千絵, 笠井 俊輔, 太田 淳也, 国分 栄仁, 齋藤 淳, 石原 和幸, 中川 種昭 日本歯周病学会会誌(0385-0110)56巻4号 Page406-413(2014.12)
  2.総説・解説
    臨床因子がインプラント手術中に採取した骨片の細菌汚染に与える影響
    古賀 剛人(東京歯科大学 微生物学講座) 歯科学報(0037-3710)114巻5号 Page452-455(2014.10)
  3.プロシーディング・学会発表
    Capnocytophaga ochraceaのAuto-inducer-2のバイオフィルム形成における役割
    齊藤 教子(東京歯科大学 オーラルメディシン・口腔外科学講座), 三條 祐介, 酒井 克彦, 石原 和幸, 片倉 朗 日本口腔科学会雑誌(0029-0297)63巻1号 Page182-183(2014.01)
    Capnocytophaga ochraceaのIX型分泌機構のバイオフィルム形成への関与
    喜田 大智(東京歯科大学 歯周), 菊池 有一郎, 今村 健太郎, 国分 栄仁, 柴山 和子, 黒田 美智代, 山之内 一也, 齋藤 淳, 石原 和幸 歯科学報(0037-3710)114巻5号 Page502(2014.10) 第298回東京歯科大学学会総会 : 東京都
    Capnocytophaga ochraceaの滑走運動とバイオフィルム形成へのIX型分泌機構の関与
    喜田 大智(東京歯科大学 歯周病), 菊池 有一郎, 国分 栄仁, 柴山 和子, 齋藤 淳, 中山 浩次, 石原 和幸 Journal of Oral Biosciences Supplement(2187-2333)2014巻 Page164(2014.09) 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 : 福岡市
    Involvement of ECF sigma factors in Porphyromonas gingivalis cell invasion
    Ohta, K., Kikuchi, Y., Imamura, K., Yoshikawa, K., Kita, D., Fujise, K., Kokubu, E., Saito, A., Ishihara, K. J. Dent. Res.2015 94(Special Issue A): 1578 93rd General Session & Exhibition of the IADR : Boston, Mass, USA
    Involvement of the Por secretion system in biofilm formation of Capnocytophaga ochracea
    Kita, D., Imamura, K., Ohta, K., Fujise, K., Hayashi, T., Takahashi, J., Saito, A., Ishihara, K. 日本歯周病学会会誌 (0385-0110)56巻春季特別 Page112(2014.04) 第57回春季日本歯周病学会学術大会 : 岐阜市
    Porphyromonas gingivalis ECFシグマ因子が歯肉上皮細胞への侵入に及ぼす影響
    太田 功貴(東京歯科大学 歯周病学講座), 菊池 有一郎, 今村 健太郎, 吉川 幸輝, 喜田 大智, 白石 友子, 藤瀬 和隆, 国分 栄仁, 齋藤 淳, 石原 和幸 日本歯周病学会会誌(0385-0110)56巻秋季特別 Page110(2014.09) 第57回秋季日本歯周病学会学術大会 : 神戸市
    Role of putative ECF sigma factors in Porphyromonas gingivalis
    Kikuchi, Y., Shibayama, K., Kokubu, E., Ohara, N., Nakayama, K., Ishihara, K. J. Dent. Res.2015 94(Special Issue A): 1171 93rd General Session & Exhibition of the IADR : Boston, Mass, USA
    Treponema denticola ECFシグマの機能解析
    藤瀬 和隆(東京歯科大学 微生), 菊池 有一郎, 国分 栄仁, 柴山 和子, 石原 和幸 歯科学報(0037-3710)114巻5号 Page502(2014.10) 第298回東京歯科大学学会総会 : 東京都
    Treponema denticolaの抗菌薬感受性
    関野 仁(東京都立心身障害者口腔保健センター), 柴山 和子, 藤瀬 和隆, 中川 種昭, 齋藤 淳, 石原 和幸 歯科学報(0037-3710)114巻5号 Page503(2014.10) 第298回東京歯科大学学会総会 : 東京都
    Treponema denticolaの細胞侵入に対するMalassez上皮遺残細胞の動態
    国分 栄仁(東京歯科大学 微生物), 菊池 有一朗, 柴山 和子, 石原 和幸 Journal of Oral Biosciences Supplement(2187-2333)2014巻 Page216(2014.09) 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 : 福岡市
    シタフロキサシンの人工バイオフィルムに対する抗菌力の検討
    大石 匠(慶応義塾大学 医学部歯科・口腔外科学教室), 深谷 千絵, 笠井 俊輔, 国分 栄仁, 齋藤 淳, 石原 和幸, 中川 種昭 日本歯周病学会会誌(0385-0110)56巻春季特別 Page116(2014.04)
    バイオフィルム形成におけるPorphyromonas gingivalis ECFシグマ因子の役割
    菊池 有一郎(東京歯科大学 微生物), 柴山 和子, 国分 栄仁, 大原 直也, 中山 浩次, 石原 和幸 Journal of Oral Biosciences Supplement(2187-2333)2014巻 Page213(2014.09) 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 : 福岡市
    バイオフィルム研究の新展開(最前線) 歯周病原性細菌のバイオフィルム形成機構
    石原 和幸(東京歯科大学 微生物学講座) 感染症学雑誌(0387-5911)89巻2号 Page307-308(2015.03)、日本化学療法学会雑誌(1340-7007)63巻2号 Page233-234 第97回日本細菌学会関東支部総会, 第63回日本感染症学会東日本地方会学術集会、第61回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会支部総会合同学会 : 東京都
    抗体DEPIM法を使用した新規機器による唾液サンプルからのTannerella forsythiaの検出
    石井 善仁(東京歯科大学 歯周病学講座), 今村 健太郎, 菊池 有一朗, 関野 仁, 田中 公文, 清田 築, 石原 和幸, 齋藤 淳 日本歯周病学会会誌(0385-0110)56巻秋季特別 Page110(2014.09) 第57回秋季日本歯周病学会学術大会 : 神戸市

微生物学講座 (2014)



微生物学講座ホームページ


研究分野


齲蝕、歯周病は細菌感染症です。口腔には、700種にも及ぶ細菌が存在し複雑な生態系を形成しています。そのうちの一部がう蝕や歯周病に関わります。微生物学講座では、歯周病の原因となる細菌がどのようなメカニズムによって病気を引き起こすのか、どのようにしたらこれらの疾患を予防できるのかについて解析を中心に、口腔感染症撲滅を目指した研究を展開しています。