DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >

研究者ページ: クラウンブリッジ補綴学講座 (2016)

 ≫Research
 ≫0.プロフィール
 ≫1.原著論文
 ≫2.症例報告論文
 ≫3.解説・総説
 ≫4.プロシーディング・学会発表
 ≫日本補綴歯科学会東京支部総会・第20回学術大会
 ≫日本補綴歯科学会第125回学術大会
 ≫第301回東京歯科大学学会(例会)
 ≫第34回日本骨代謝学会学術集会
 ≫第58回歯科基礎医学会学術大会

  Research
  0.プロフィール
    教室員と主研究テーマ ほか
  1.原著論文
    Effect of Connector Design on Fracture Resistance in Zirconia-based Fixed Partial Dentures for Upper Anterior Region.
    Ogino Y, Nomoto S, Sato T. Bull Tokyo Dent Coll. 2016;57(2):65-74.
    Evaluation of a dysphagia screening system based on the Mann Assessment of Swallowing Ability for use in dependent older adults
    Ohira M., Ishida R., Maki Y., Ohkubo M., Sugiyama T., Sakayori T., Sato T. Geriatrics and Gerontology International. 2017;17(4):561-567.
    High pH-Sensitive TRPA1 Activation in Odontoblasts Regulates Mineralization
    Kimura M., Sase T., Higashikawa A., Sato M., Sato T., Tazaki M., Shibukawa Y. Journal of Dental Research. 2016;95(9):1057-1064.
    Ionotropic P2X ATP receptor channels mediate purinergic signaling in mouse odontoblasts
    Shiozaki Y., Sato M., Kimura M., Sato T., Tazaki M., Shibukawa Y. Frontiers in Physiology. 2017;8(JAN):00003.
    種々のCAD/CAMシステムで切削されたCAD/CAM冠の表面形状について 新品の切削バー使用時の表面粗さ
    腰原 輝純(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴学講座), 原 舞, 佐藤 亨, 林原 貴徳, 増田 智俊, 新谷 明昌, 宅間 裕介, 四ツ谷 護, 堂下 茂樹 歯科学報(0037-3710)116巻2号 Page149-153(2016.04)
    足底接地の有無が咀嚼運動に与える影響
    新谷 明昌(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴学講座), 鈴木 惇也, 佐藤 亨, 四ツ谷 護, 腰原 輝純, 小山 拓, 神田 雄平, 久永 竜一 歯科学報(0037-3710)116巻3号 Page187-192(2016.06)
  2.症例報告論文
    Status of Clinical Training at Tokyo Dental College and Subsequent Career Pathway - Focusing on Training Facilities and Programs.
    Hisanaga R, Takahashi T, Sato T, Yotsuya M, Shinya A, Miyake N. Bull Tokyo Dent Coll. 2017;58(1):57-64.
    顎運動測定器とCADソフトウェアを用いた咀嚼運動と咬合接触点推移の3次元表示
    梅原 一浩(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴学講座), 四ツ谷 護, 宅間 裕介, 腰原 輝純, 小山 拓, 佐藤 亨 日本補綴歯科学会誌(1883-4426)8巻2号 Page200-205(2016.04)
  3.解説・総説
    臨床のヒントQ&A クラウンブリッジ補綴系 レジンコアの時代か?レジン材料「ファイバーポスト」が保険適応に 確実なレジン支台築造を行うために
    佐藤 亨(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴学講座) 歯科学報(0037-3710)116巻2号 Page161-162(2016.04)
  4.プロシーディング・学会発表
  日本補綴歯科学会東京支部総会・第20回学術大会
    積層した高透光性ジルコニアの色調と透光性
    林原 貴徳, 佐藤 亨, 久永 竜一, 野本 俊太郎, 四ツ谷 護, 腰原 輝純, 村井 友理, 武本 真治, 吉成 正雄 日本補綴歯科学会東京支部総会・学術大会プログラム・抄録集 第20回 Page24(2016.09)
  日本補綴歯科学会第125回学術大会
    イットリア安定化正方晶ジルコニア多結晶体の表面改質がゼータ電位に及ぼす影響
    三宅 菜穂子(東京歯科大学 パーシャルデンチャー補綴学講座), 三浦 直, 山下 秀一郎, 佐藤 亨, 吉成 正雄 日本補綴歯科学会誌(1883-4426)8巻特別号 Page292(2016.07)
    種々のCAD/CAMシステムで切削されたCAD/CAM冠の表面性状について
    腰原 輝純(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴学講座), 原 舞, 佐藤 亨, 林原 貴徳, 増田 智俊, 新谷 明昌, 宅間 裕介, 四ツ谷 護, 高橋 俊之, 堂下 茂樹 日本補綴歯科学会誌(1883-4426)8巻特別号 Page139(2016.07)
  第301回東京歯科大学学会(例会)
    Treponema denticola marR類似遺伝子の機能解析
    沼田 由美(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴), 柴山 和子, 佐藤 亨, 村井 友理, 菊池 有一郎, 国分 栄仁, 石原 和幸 歯科学報(0037-3710)116巻3号 Page230(2016.06)
    フルジルコニアクラウンの厚さが破壊強度に及ぼす影響
    露木 悠(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴), 佐藤 亨, 野本 俊太郎, 四ツ谷 護, 小山 拓, 原 舞, 新谷 明昌, 吉村 浩一, 武本 真治, 吉成 正雄 歯科学報(0037-3710)116巻5号 Page390(2016.10)
    積層した高透光性ジルコニアの特性
    林原 貴徳(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴), 佐藤 亨, 久永 竜一, 野本 俊太郎, 四ツ谷 護, 腰原 輝純, 村井 友理, 菊地 香, 武本 真治, 吉成 正雄 歯科学報(0037-3710)116巻5号 Page390(2016.10)
    象牙芽細胞機械刺激は三叉神経節ニューロンに活動電位を発生させる
    佐藤 正樹(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴), 木村 麻記, 小島 佑貴, 東川 明日香, 島田 みゆき, 塩崎 雄大, 佐藤 涼一, 重藤 玲子, 小倉 一宏, 望月 浩幸, 河野 恭佑, 澁川 義幸, 田崎 雅和 歯科学報(0037-3710)116巻3号 Page230(2016.06)
  第34回日本骨代謝学会学術集会
    低ホスファターゼ症モデルマウスの顎骨及び歯に対する酵素補充遺伝子治療を行った際の形態学的変化
    池上 良(東京歯科大学 クラウンブリッジ補綴学講座), 高橋 有希, 渡邉 淳, 岡田 尚巳, 佐藤 亨, 村松 敬, 笠原 優子, 島田 隆 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集(1349-0761)34回 Page226(2016.07)
  第58回歯科基礎医学会学術大会
    Treponema denticola marR様遺伝子の機能解析
    沼田 由美(東京歯科大学 クラウン補綴), 柴山 和子, 佐藤 亨, 菊池 有一郎, 国分 栄仁, 石原 和幸 Journal of Oral Biosciences Supplement(2187-2333)2016巻 Page366(2016.09)
    酵素補充遺伝子治療を行った致死性低ホスファターゼ症モデルマウスの顎骨および歯に対する効果の解析
    池上 良(東京歯科大学 クラウン補綴), 高橋 有希, 佐藤 亨, 笠原 正貴, 村松 敬 Journal of Oral Biosciences Supplement(2187-2333)2016巻 Page496(2016.09)

クラウンブリッジ補綴学講座 (2016)