DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >

研究者ページ: 市病形成外科 (2016)

 ≫Research
 ≫0.プロフィール
 ≫1.原著論文
 ≫2.臨床研究論文
 ≫3.解説・総説
 ≫4.プロシーディング・学会発表
 ≫11th Congress of the Asian Pacific Craniofacial Association
 ≫第22回日本形成外科手術手技学会
 ≫第23回日本産婦人科乳腺医学会
 ≫第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会
 ≫第39回日本顔面神経学会
 ≫第59回日本形成外科学会総会・学術集会
 ≫第9回国際・第26回日本シミュレーション外科合同学会

  Research
  0.プロフィール
    教室員と主研究テーマ ほか
  1.原著論文
    A titanium screw-retaining temporary denture on the raw surface muscular flap for the immediate maxillary reconstruction
    Miyashita, H., Asoda, S., Horie, N., Usuda, S., Kato, S., Muraoka, W., Yamada, Y., Yoshikawa, M., Hasegawa, T., Onizawa, K., Tanaka, I., Yazawa, M., Ogata, H., Kishi, K., Tomita, T., Nakagawa, T., Kawana, H. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2016;281:8-12.
  2.臨床研究論文
    顔面神経麻痺後遺症 (病的共同運動・顔面拘縮) に対する治療
    田中一郎, 佐久間恒, 清水雄介, 矢澤真樹 FACIAL NERVE RESEARCH JAPAN 36: 71-74 2016
  3.解説・総説
    【私はこうしている-耳科手術編】 顔面神経手術 静的顔面神経再建術
    田中 一郎(東京歯科大学市川総合病院 形成外科) JOHNS(0910-6820)32巻9号 Page1357-1361(2016.09)
  4.プロシーディング・学会発表
  11th Congress of the Asian Pacific Craniofacial Association
    Our therapeutic strategy for pathological synkinesis and contracture following facial nerve palsy
    Ichiro Tanaka, Tsuyoshi Sakuma, Yusuke Shimizu, Masaki Yazawa 11th Congress of the Asian Pacific Craniofacial Association, Nara, Dec.1-3, 2016, Abstract P.131
  第22回日本形成外科手術手技学会
    遊離神経血管柄付き筋移植(薄層前鋸筋弁)を用いた、よりきれいで正確な顔面神経麻痺再建法の詳細とコツ
    佐久間恒、田中一郎、矢澤真樹、清水雄介 第22回日本形成外科手術手技学会、大田区(東京都)、2017年2月18日、学会抄録集: P54
  第23回日本産婦人科乳腺医学会
    乳房再建術の実際 ―人工物、自家組織移植による―
    田中一郎 第23回日本産婦人科乳腺医学会、教育講演、文京区(東京都)、2017年3月5日, 学会抄録集:P.22
  第34回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会
    顔面神経麻痺後遺症としての病的共同運動・顔面拘縮に対する手術治療
    田中 一郎(東京歯科大学市川総合病院 形成外科), 藤井 貴子, 佐久間 恒, 清水 雄介, 矢澤 真樹 日本頭蓋顎顔面外科学会誌(0914-594X)32巻3号 Page210(2016.10)
  第39回日本顔面神経学会
    顔面神経麻痺後遺症(病的共同運動・顔面拘縮)に対する治療
    田中一郎、佐久間恒、清水雄介、矢澤真樹 第39回日本顔面神経学会、シンポジウム、大坂市、2016年5月27日、学会抄録集: P59
  第59回日本形成外科学会総会・学術集会
    広範な横隔膜欠損に対する腹直筋・筋膜弁による再建
    田中一郎、藤井貴子、鈴木彩馨、松井淳一 第59回日本形成外科学会総会、福岡市、2016年4月13日、学会抄録集: P445
  第9回国際・第26回日本シミュレーション外科合同学会
    ビデオ画像に基づくオプティカルフローを用いたコンピューターによる顔面運動障害の3D評価(Computer Based Three-Dimensional Assessment of Disorder of Facial Movement by Optical Flow Based on Video Images)
    Tanaka Ichiro(Division of Plastic and Reconstructive Surgery, Ichikawa General Hospital, Tokyo Dental College), Minamitani Haruyuki 日本シミュレーション外科学会会誌 (1348-6918)24巻1号 Page36(2016.11)

市病形成外科 (2016)