DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >

研究者ページ: 内科学講座 (2014)

 ≫Research
 ≫0.プロフィール
 ≫1.原著論文
 ≫2.症例報告論文
 ≫3.総説・解説
 ≫4.プロシーディング・学会発表

  Research
  0.プロフィール
    教室員と主研究テーマ ほか
  1.原著論文
    A single nucleotide polymorphism of TRAF1 predicts the clinical response to anti-TNF treatment in Japanese patients with rheumatoid arthritis.
    Nishimoto T, Seta N, Anan R, Yamamoto T, Kaneko Y, Takeuchi T, and Kuwana M. Clin Exp Rheumatol. 2014 Mar-Apr;32(2):211-7.
    Chronic kidney disease reduces muscle mitochondria and exercise endurance and its exacerbation by dietary protein through inactivation of pyruvate dehydrogenase.
    Tamaki M, Miyashita K, Wakino S, Mitsuishi M, Hayashi K, Ito H. Kidney Int. 2014 Jun;85(6):1330-9.
    Combinations of olmesartan and a calcium channel blocker or a diuretic in elderly hypertensive patients: a randomized, controlled trial.
    Ogihara T, Saruta T, Rakugi H, Saito I, Shimamoto K, Matsuoka H, Shimada K, Ito S, Horiuchi M, Imaizumi T, Takishita S, Higaki J, Katayama S, Kimura G, Umemura S, Ura N, Hayashi K, Odawara M, Tanahashi N, Ishimitsu T, Kashihara N, Morita S, Teramukai S, for the COLM Investigators. J Hypertens. 2014 Oct;32(10):2054-63; discussiom 2063.
    Ghrelin protects against renal damages induced by angiotensin II via an antioxidative stress mechanism in mice.
    Fujimura K, Wakino S, Minakuchi H, Hasegawa K, Hosoya K, Komatsu M, Kaneko Y, Shinozuka K, Washida N, Kanda T, Tokuyama H, Hayashi K, Itoh H. PLoS One. 2014 Apr 18;9(4):e94373
    HbA1c NGSP値のサーベイ
    村上 正巳(群馬大学 大学院医学系研究科臨床検査医学), 柏木 厚典, 武井 泉, 雨宮 伸, 石橋 みどり, 植木 浩二郎, 佐藤 麻子, 永峰 康孝, 前川 真人, 矢冨 裕, HbA1c適正運用機構 糖尿病(0021-437X)58巻1号 Page45-50(2015.01)
    Insulin resistance in chronic kidney disease is ameliorated by spironolactone in rats and humans.
    Hosoya K, Minakuchi H, Wakino S, Fujimura K, Hasegawa K, Komatsu M, Yoshifuji A, Futatsugi K, Shinozuka K, Washida N, Kanda T, Tokuyama H, Hayashi K, Itoh H. Kidney Int. 2015 Apr;87(4):749-60.
    Rho-kinase contributes to pressure-induced constriction of renal microvessels.
    Homma K, Hayashi K, Wakino S, Tokuyama H, Kanda T, Tatematsu S, Hasegaw K, Fujishima S, Hori S, Saruta T, Ito H. Keio J Med. 2014;63(1):1-12.
    Serum creatinine and albumin decline predict the contraction of nosocomial aspiration pneumonia in patients undergoing hemodialysis.
    Minakuchi H, Wakino S, Hayashi K, Inamoto H, Itoh H. Ther Apher Dial. 2014 Aug;18(4):326-33.
    Tocilizumab is clinically, functionally, and radiographically effective and safe either with or without low-dose methotrexate in active rheumatoid arthritis patients with inadequate responses to DMARDs and/or TNF inhibitors: A single-center retrospective cohort study (KEIO-TCZ study) at week 52.
    Izumi K, Kaneko Y, Yasuoka H, Seta N, Kameda H, Kuwana M, and Takeuchi T. Mod Rheumatol. 2015 Jan;25(1):31-7.
    【関節リウマチ治療における生物学的製剤の有効性の予測をめざして】 生物学的製剤の有効性を予測するバイオマーカー
    津坂 憲政(東京歯科大学附属市川総合病院 内科) 炎症と免疫(0918-8371)22巻4号 Page268-272(2014.06)
  2.症例報告論文
    劇症1型糖尿病発症様糖尿病ケトアシドーシスを呈した緩徐進行1型糖尿病の1例
    大久保 佳昭(東京歯科大学附属市川総合病院 内科・糖尿病内分泌センター), 稲石 淳, 金子 松五, 伊藤 新, 近藤 健, 武井 泉 糖尿病(0021-437X)57巻10号 Page791-796(2014.10)
  3.総説・解説
    検査ONE POINT 改めて、血糖管理
    武井 泉(東京歯科大学附属市川総合病院 内科) SRL宝函 (0912-0912)35巻3号 Page40-43(2014.10)
    臓器障害を合併する高血圧の治療方針
    林 晃一 Mebio (0910-0474)31巻8号 Page38-43(2014.08)
  4.プロシーディング・学会発表
    ADMAとSDMAの新規代謝酵素:AGXT2の遺伝子改変マウスを用いた生体機能の解明
    長谷川 一宏(慶応義塾大学 腎臓内分泌代謝内科), 脇野 修, 徳山 博文, 林 晃一, 伊藤 裕 日本内分泌学会雑誌 (0029-0661)90巻1号 Page278(2014.04) 第87回日本内分泌学会総会 : 福岡市
    CD14++CD16+ intermediate monocyte is induced by IL-10 and positively correlate with disease activity of rheumatoid arthritis.
    Tsukamoto M, Yamaoka K, Yoshimoto K, Seta N, Suzuki K, Takeuchi T. J Immunol. 2014;194(1 Suppl.):118.6 Immunology 2015 of the American Association of Immmunologists : New Orleans, LA
    CKDモデルマウスを用いた腎筋連関メカニズムの解明と消化管ホルモングレリンの意義
    田蒔 昌憲(慶応義塾大学 医学部腎臓内分泌代謝内科), 宮下 和季, 脇野 修, 三石 正憲, 林 晃一, 伊藤 裕 日本内分泌学会雑誌 (0029-0661)90巻1号 Page290(2014.04) 第87回日本内分泌学会総会 : 福岡市
    Divergent usage of histone deacetylases for the activation of DNA methyltransferase1 in the kidney; HDAC1, 3 (Class I HDAC) in proximal tubules and Sirt1 (Class III HDAC) in podocytes de-Acetylate and activate dnmt1 activity.
    Muraoka H, Wakino S, Hasegawa K, Hayashi K, Itoh H. J Am Soc Nephrol. 2014 Nov;25(Abstract Edition):740A Kidney Week 2014 : Philadelphia, PA
    Gut microbiota lactbacillus protects against the progression of renal impairment through the modulation of gut environments in rats.
    Yoshifuji A, Wakino S, Irie J, Hasegawa K, Hayashi K, Itoh H. J Am Soc Nephrol. 2014 Nov;25(Abstract Edition):867A Kidney Week 2014 : Philadelphia, PA
    Methotrexate Treatment Reduces Serum IL-6 Level By Decreasing a CD14brightCD16+ Intermediate Non-Classical Subset of Monocytes in RA Patients.
    Tsukamoto M, Yoshimoto K, Seta N, Suzuki K, Takeuchi T. Arthritis Rheumatol. 2014 Oct;66(Suppl.10):S646 The 78th Annual Meeting AMERICAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY : Boston, MA
    NGSP値導入後のHbA1c測定値の現状 2013 HbA1c Survey結果報告(第1報)
    佐藤 麻子(東京女子医科大学 臨床検査科糖尿病・代謝内科), 村上 正巳, 柏木 厚典, 武井 泉, 雨宮 伸, 植木 浩二郎, 石橋 みどり, 矢富 裕, 前川 真人, 永峰 康孝 糖尿病(0021-437X)57巻Suppl.1 PageS-180(2014.04) 第57回日本糖尿病学会年次学術集会 : 大阪市
    Proximal tubular activated Sirt3 and proliferated mitochondrial ribosomes compensated for decreased Sirt1 and mitochondrial dysfunction at very early stage of diabetic nephropathy.
    Hasegawa K, Wakino S, Hayashi K, Itoh H. J Am Soc Nephrol. 2014 Nov;25(Abstract Edition):87A Kidney Week 2014 : Philadelphia, PA
    The Unique Subset of Monocytes Expressing CD14bright and CD16 is Increased with Disease Activity and Changed with Treatment Response in Patients with Rheumatoid Arthritis.
    Tsukamoto M, Yoshimoto K, Seta N, Suzuki K, Takeuchi T. Annals of Rheumatic Diseases. 2014;73(Suppl.2):962-963 Annual European Congress of Rheumatology 2014 : Paris, France
    The role of uremic toxin accumulation in adipose tissues in lipodystrophic phenotype in mild chronic kidney disease.
    Minakuchi H, Wakino S, Fujimura K, Hayashi K, Itoh H. J Am Soc Nephrol. 2014 Nov;25(Abstract Edition):867A Kidney Week 2014 : Philadelphia, PA
    アムロジピン/アトルバスタチン配合薬の糖尿病患者に対する臨床的評価(市川・浦安アドヒアランス研究)
    小谷野 肇(順天堂大学医学部附属浦安病院 糖尿病・内分泌内科), 三島 修一, 石田 順治, 金子 慶虎, 高柳 尚子, 武田 有啓, 戸塚 光哉, 牧野 毅, 竜 崇正, 武井 泉 糖尿病合併症 28巻Suppl.1 Page134(2014.09) 第29回日本糖尿病合併症学会 : 東京都
    インスリン療法施行中2型糖尿病患者に対するリナグリプチンおよび低用量シタグリプチン追加の比較検討
    大久保 佳昭(東京歯科大学附属市川総合病院 内科・糖尿病内分泌センター), 金子 松五, 武井 泉 糖尿病(0021-437X)57巻Suppl.1 PageS-309(2014.04) 第57回日本糖尿病学会年次学術集会 : 大阪市
    トシリズマブ休薬後の寛解~低疾患活動性の維持に必要なDMARDsの選定 タクロリムスの有用性
    金子 礼志(国立国際医療研究センター病院 膠原病科), 吉川 玲欧, 増井 良則, 菱沼 留加, 高橋 裕子, 山下 裕之, 狩野 俊和, 三森 明夫, 海辺 剛志, 津坂 憲政 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集59回 Page500(2015.03) 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 : 横浜市
    劇症1型糖尿病発症様糖尿病ケトアシドーシスを認めたSPIDDMの1例
    大久保 佳昭(東京歯科大学附属市川総合病院 内科・糖尿病内分泌センター), 金子 松五, 稲石 淳, 武井 泉 糖尿病 (0021-437X)57巻6号 Page468(2014.06) 第52回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 : 横浜市
    化膿性脊椎炎、脊髄硬膜外膿瘍により両下肢の完全麻痺を来した2型糖尿病の一例
    坂巻 裕介(東京歯科大学附属市川総合病院 内科), 土肥 浩太郎, 久保田 英司 日本透析医学会雑誌(1340-3451)47巻Suppl.1 Page905(2014.05) 第59回日本透析医学会学術集会・総会 : 神戸市
    呼吸器症状を契機に診断された虫垂癌の1例
    坂口 純(東京歯科大学附属市川総合病院 内科), 佐藤 美奈子, 岩見 枝里, 中島 隆裕, 中鉢 正太郎, 松崎 達, 寺嶋 毅, 荒畑 恭子, 岸川 浩, 西田 次郎 日本内科学会関東地方会 607回 Page30(2014.07) 第607回日本内科学会関東地方会 : 東京都
    市中発症重症Clostridium difficile腸炎により透析導入が必要となった一例
    盛崎 瑞葉(慶応義塾大学 医学部内科腎臓内分泌代謝科), 脇野 修, 吉藤 歩, 中谷 英章, 徳山 博文, 林 晃一, 林 松彦, 伊藤 裕 日本透析医学会雑誌 (1340-3451)47巻Suppl.1 Page555(2014.05) 第59回日本透析医学会学術総会 : 大阪市
    当院における2型糖尿病患者に対するテネリグリプチンの有効性についての検討
    坂巻 裕介, 若林 寛二, 内田 秀夫 日本腎臓学会誌 (0385-2385)56巻3号 Page360(2014.05) 第57回日本腎臓学会学術総会 : 横浜市
    当院における保存期腎不全症例に対するエポエチンβペゴル注法の使用経験
    荒川 幸喜(東京歯科大学附属市川総合病院 内科), 西山 和成, 篠塚 弘利, 金子 勝 日本透析医学会雑誌(1340-3451)47巻Suppl.1 Page717(2014.05) 第59回日本透析医学会学術集会・総会 : 神戸市
    当院における腹膜透析関連非定型抗酸菌感染症の検討
    井上 博之(慶応義塾大学 医学部内科腎臓内分泌代謝科), 鷲田 直輝, 森本 耕吉, 篠塚 圭祐, 田蒔 昌憲, 徳山 博文, 脇野 修, 林 晃一, 林 松彦, 伊藤 裕 日本透析医学会雑誌 (1340-3451)47巻Suppl.1 Page507(2014.05) 第59回日本透析医学会学術総会 : 大阪市
    急性膿胸治癒後に横隔膜交通症により横隔膜下膿瘍を併発した1例
    池田 佳介(東京歯科大学附属市川総合病院 内科), 中鉢 正太郎, 岩見 枝里, 中島 隆裕, 松崎 達, 寺嶋 毅, 河又 寛 日本内科学会関東地方会611回 Page60(2014.12) 第611回日本内科学会関東地方会 : 東京都
    慢性腎不全モデルラットにおける球形吸着炭の腸管内環境の改善効果
    吉藤 歩(慶応義塾大学 医学部内科学(腎臓・内分泌・代謝)), 脇野 修, 入江 潤一郎, 長谷川 一宏, 徳山 博文, 林 晃一, 伊藤 裕 日本腎臓学会誌 (0385-2385)56巻3号 Page325(2014.05) 第57回日本腎臓学会学術総会 : 横浜市
    抗GBM抗体型半月体形成性糸球体腎炎による血液透析導入症例
    柏 真紀(慶応義塾大学 医学部内科腎臓内分泌代謝科), 徳山 博文, 脇野 修, 林 晃一, 林 松彦, 伊藤 裕 日本透析医学会雑誌 (1340-3451)47巻Suppl.1 Page483(2014.05) 第59回日本透析医学会学術総会 : 大阪市
    抗GBM抗体陽性腎炎発症し、透析導入後にヘノッホ・シェーライン紫斑病(HSP)を併発した一例
    小口 英世(慶応義塾大学 医学部内科腎臓内分泌代謝科), 徳山 博文, 脇野 修, 小西 孝之助, 橋口 明典, 林 晃一, 伊藤 裕 日本透析医学会雑誌 (1340-3451)47巻Suppl.1 Page1012(2014.05) 第59回日本透析医学会学術総会 : 大阪市
    消化管ペプチドGhrelinの腎臓における生理的意義
    藤村 慶子(慶応義塾大学 腎臓内分泌代謝内科), 脇野 修, 篠塚 圭祐, 徳山 博文, 林 晃一, 伊藤 裕 日本腎臓学会誌 (0385-2385)56巻3号 Page303(2014.05) 第57回日本腎臓学会学術総会 : 横浜市
    甲状腺機能低下が高CEA血症の原因と考えられた橋本病の1例
    田澤 雄基(東京歯科大学附属市川総合病院 内科), 大久保 佳昭, 荒川 幸喜, 近藤 健, 伊藤 新, 武井 泉 日本内科学会関東地方会611回 Page39(2014.12) 第611回日本内科学会関東地方会 : 東京都
    病初期に動眼神経麻痺を呈し、γグロブリン大量療法が有効であったChurg-Strauss症候群の1例
    阿部 哲郎(東京歯科大学附属市川総合病院 内科), 野川 茂, 津坂 憲政, 中鉢 正太郎, 吉崎 崇仁, 岡田 聡, 寺嶋 毅 日本内科学会関東地方会606回 Page29(2014.06) 第606回日本内科学会関東地方会 東京都
    糖尿病性腎症早期にはSirt1低下に対し近位尿細管ミトコンドリアリボソーム(Mitoribosome)の代償的増加が起こる
    長谷川 一宏(慶応義塾大学 腎臓内分泌代謝内科), 脇野 修, 林 晃一, 伊藤 裕 日本腎臓学会誌 (0385-2385)56巻3号 Page275(2014.05) 第57回日本腎臓学会学術総会 : 横浜市
    糖尿病関連指標専門(DMI)委員会報告 グリコアルブミン(GA)標準化プロジェクト-2の立ち上げについて
    佐藤 麻子(東京女子医科大学 臨床検査科), 武井 泉, 石橋 みどり, 岡橋 美貴子, 雨宮 伸, 永峰 康孝, 宮下 徹夫, 大久保 滋夫, 目黒 周, 平山 哲, 武田 裕子, 友田 雅巳, 小口 修司, 中川 央充 臨床化学 (0370-5633)43巻Suppl.1 Page169(2014.08)
    維持透析患者に合併した重症大動脈弁狭窄症(AS)に対するバルーン大動脈弁形成術(BAV)の意義
    浦井 秀徳(慶応義塾大学 医学部内科腎臓内分泌代謝科), 脇野 修, 徳山 博文, 林 晃一, 林田 健太郎, 林 松彦, 伊藤 裕 日本透析医学会雑誌 (1340-3451)47巻Suppl.1 Page473(2014.05) 第59回日本透析医学会学術総会 : 大阪市
    肥満関連腎症―組織学的変化の新たな知見
    徳山 博文(慶応義塾大学 医学部腎臓内分泌代謝科), 脇野 修, 橋口 明典, 小西 孝之助, 林 晃一, 伊藤 裕 日本腎臓学会誌 (0385-2385)56巻3号 Page249(2014.05) 第57回日本腎臓学会学術総会 : 横浜市
    胆道出血による消化管出血を認めた慢性血液透析患者の一例
    内藤 真規子(慶応義塾大学 医学部内科腎臓内分泌代謝科), 徳山 博文, 脇野 修, 林 晃一, 林 松彦, 伊藤 裕 日本透析医学会雑誌 (1340-3451)47巻Suppl.1 Page634(2014.05) 第59回日本透析医学会学術総会 : 大阪市
    腎性リポディストロフィーの発生機序の検討
    水口 斉(慶応義塾大学医学部附属病院), 脇野 修, 細谷 幸司, 藤村 慶子, 長谷川 一宏, 神田 武志, 徳山 博文, 林 晃一, 伊藤 裕 日本腎臓学会誌 (0385-2385)56巻3号 Page304(2014.05) 第57回日本腎臓学会学術総会 : 横浜市
    血中ADAMTS5発現量で関節リウマチにおけるエタネルセプトの有効性が予測できる
    津坂 憲政(入間ハート病院), 永田 雅良 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集59回 Page482(2015.03) 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会 : 横浜市
    血液透析患者における感染性心内膜炎の臨床的特徴
    萩原 あいか(慶応義塾大学 医学部内科腎臓内分泌代謝科), 脇野 修, 徳山 博文, 吉田 理, 林 晃一, 林 松彦, 伊藤 裕 日本透析医学会雑誌 (1340-3451)47巻Suppl.1 Page723(2014.05) 第59回日本透析医学会学術総会 : 大阪市
    血糖コントロール指標と国際標準化
    武井 泉(東京歯科大学 内科) 歯科学報(0037-3710)114巻5号 Page495(2014.10) 第298回東京歯科大学学会(総会) : 東京都
    近位尿細管Dnmt1の脱アセチル化と活性化にはHDAC1,3が重要で、Sirt1は関与しない
    村丘 寛和(慶応義塾大学 腎臓内分泌代謝内科), 脇野 修, 長谷川 一宏, 林 晃一, 伊藤 裕 日本腎臓学会誌 (0385-2385)56巻3号 Page315(2014.05) 第57回日本腎臓学会学術総会 : 横浜市
    過体重2型糖尿病患者を対象とした、リラグルチドおよび高用量メトホルミン投与の有効性、安全性に関する比較検討
    田中 久美子(慶応義塾大学医学部附属病院 腎内分泌代謝内科), 税所 芳史, 河合 俊英, 田中 正巳, 目黒 周, 入江 潤一郎, 今井 孝俊, 鴫原 寿一, 森本 二郎, 矢島 賢, 武井 泉, 伊藤 裕 糖尿病(0021-437X)57巻Suppl.1 PageS-389(2014.04) 第57回日本糖尿病学会年次学術集会 : 大阪市
    重篤なヘルペスウイルス感染症をきたした類天疱瘡合併腹膜透析患者の一例
    藤井 健太郎(慶応義塾大学 医学部内科腎臓内分泌代謝科), 脇野 修, 吉藤 歩, 鷲田 直輝, 徳山 博文, 林 晃一, 林 松彦, 伊藤 裕 日本透析医学会雑誌 (1340-3451)47巻Suppl.1 Page587(2014.05) 第59回日本透析医学会学術総会 : 大阪市
    鉄過剰症合併維持血液透析患者における経口鉄キレート剤長期投与の効果
    海野 寛之(慶応義塾大学 医学部腎臓内分泌代謝内科), 脇野 修, 津田 信次, 徳山 博文, 林 松彦, 林 晃一, 伊藤 裕 日本透析医学会雑誌 (1340-3451)47巻Suppl.1 Page626(2014.05) 第59回日本透析医学会学術総会 : 大阪市
    関節リウマチの治療 生物学的製剤(TNF阻害薬) Treat to Target(T2T)に基づいた関節リウマチに対するインフリキシマブの投与間隔短縮の実践
    倉沢 隆彦(慶応義塾大学 リウマチ内科), 鈴木 勝也, 花岡 洋成, 金子 祐子, 安岡 秀剛, 瀬田 範行, 桑名 正隆, 亀田 秀人, 平形 道人, 竹内 勤 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 58回 Page317(2014.03) 第58回日本リウマチ学会総会 : 東京都
    非線形近似を用いた腎機能低下の経過の分類と腎保護因子の同定
    加藤 修三(慶応義塾大学 クリニカルリサーチセンター), 野崎 翔太郎, 丸山 達也, 林 晃一, 伊藤 裕, 佐藤 裕史 日本腎臓学会誌 (0385-2385)56巻3号 Page307(2014.05) 第57回日本腎臓学会学術総会 : 横浜市

内科学講座 (2014)