DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >

研究者ページ: 市病循環器内科 (2014)

 ≫Research
 ≫0.プロフィール
 ≫1.原著論文
 ≫2.症例報告論文
 ≫3.総説・解説

  Research
  0.プロフィール
    教室員と主研究テーマ ほか
  1.原著論文
    Appropriateness ratings of percutaneous coronary intervention in Japan and its association with the trend of noninvasive testing
    Inohara T, Kohsaka S, Miyata H, Ueda I, Ishikawa S, Ohki T, Nishi Y, Hayashida K, Maekawa Y, Kawamura A, Higashi T, Fukuda K. JACC: Cardiovascular Interventions. 2014;7(9):1000-1009
  2.症例報告論文
    Left atrial myxoma detected after an initial diagnosis of polymyalgia rheumatica
    Mano Y, Yoshizawa A, Itabashi Y, Ohki T, Takahashi T, Mori M, Shin H, Tanaka Y. Internal Medicine. 2014;53(5):441-444
  3.総説・解説
    【ここが運命の分かれ道!循環器の重要疾患 患者さんのあのサインに気付く先取りテクニック】 強い胸部圧迫感を訴え来院。問診中、意識レベルと血圧が急激に低下した! 急性心筋梗塞の経過中に起きた心室頻拍
    大木 貴博(東京歯科大学附属市川総合病院 循環器内科) ハートナーシング(0914-2819)28巻3号 Page222-226(2015.03)
    臨床のヒントQ&A 関連医学系 感染性心内膜炎とはどのような疾患で、歯科治療においてはどのような点に注意すれば良いでしょうか
    大木 貴博(東京歯科大学附属市川総合病院 循環器内科) 歯科学報(0037-3710)114巻2号 Page177-179(2014.04)

市病循環器内科 (2014)