DSpace
東京歯科大学 | 図書館

IRUCAA@TDC >

研究者ページ: 薬理学講座 (2015)

 ≫Research
 ≫0.プロフィール
 ≫1.原著論文
 ≫2.総説・解説
 ≫3.プロシーディング・学会発表
 ≫第132回日本薬理学会関東部会
 ≫第299回東京歯科大学学会(例会)
 ≫第300回東京歯科大学記念学会(総会)
 ≫第57回歯科基礎医学会学術大会・総会
 ≫4.著書・分担執筆
 ≫笠原正貴
 ≫5.その他
 ≫解説

  Research
  0.プロフィール
    教室員と主研究テーマ ほか
  1.原著論文
    Concomitant administration of nitrous oxide and remifentanil reduces oral tissue blood flow without decreasing blood pressure during sevoflurane anesthesia in rabbits
    Kasahara M., Ichinohe T., Okamoto S., Okada R., Kanbe H., Matsuura N. Journal of Anesthesia.2015;29(3):421-425
    Inhibition of the oxygen sensor PHD2 in the liver improves survival in lactic acidosis by activating the Cori cycle
    Suhara, T., Hishiki, T., Kasahara, M., Hayakawa, N., Oyaizu, T., Nakanishi, T., Kubo, A., Morisaki, H., Kaelin, WG, Jr., Suematsu, M., Minamishima, YA. (*Equally contributed) Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2015;112:11642-11647
  2.総説・解説
    口腔顔面領域における疼痛治療 鎮痛薬の基礎知識の再整理と知っておきたいトピックス
    笠原 正貴(東京歯科大学 薬理学講座) 日本歯科医師会雑誌(0047-1763)68巻4号 Page297-306(2015.07)
  3.プロシーディング・学会発表
    Inactivation of oxygen sensor PHD2 in liver activates Cori cycle
    Tomohiro Suhara, Takako Hishiki, Masataka Kasahara, Noriyo Hayakawa, Tomoko Oyaizu, Tsuyoshi Nakanishi, Akiko Kubo, Hiroshi Morisaki, William G. Kaelin Jr. Makoto Suematsu, Yoji Andrew Minamishima. 2015 第3回低酸素研究会(The 3rd Conference of the Japanese Association for Hypoxia Biology) : Tokyo
    Tissue blood flow during remifentanil infusion with carbon dioxide loading
    Kanbe H., Matsuura N., Kasahara M., Ichinohe T. Anesthesia Progress.2015;62(2):51-56
    低酸素応答によるCori回路の制御機構の解明〜肝臓における低酸素応答を標的とした新たな乳酸アシドーシスの治療法の開発〜
    壽原朋宏, 菱木貴子, 笠原正貴, 早川典代, 小柳津智子, 中西豪, 久保亜紀子, 森﨑浩, Kaelin WG, Jr., 末松誠, 南嶋洋司. 3P1182 (2015) 第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会 合同大会
    慢性の痛みに対する薬物療法の基礎と臨床 口腔顔面痛治療に用いる薬物の薬理学的問題点
    笠原 正貴(東京歯科大学 薬理学講座) 日本顎関節学会雑誌(0915-3004)27巻Suppl. Page59(2015.07)
    肝臓における低酸素応答を標的とした新たな乳酸アシドーシス治療法の開発〜Cori回路制御機構の解明〜
    壽原朋宏, 菱木貴子, 笠原正貴, 早川典代, 小柳津智子, 中西豪, 久保亜紀子, 末松誠, 南嶋洋司, 森﨑浩 日本集中治療医学会雑誌(1340-7988)23巻Suppl. Page428(2016.01) 第43回日本集中治療医学会学術集会 : 神戸市
    骨代謝に影響を及ぼす薬物に関する応用薬理学的研究の最近の話題について 老人性骨粗鬆モデルラットへのスタチン系薬剤の局所投与効果
    吉成 正雄(東京歯科大学口腔科学研究センター), 田邊 耕士, 三浦 直, 笠原 正貴, 澤木 康平 応用薬理(0300-8533)89巻1-2号 Page50(2015.08)
  第132回日本薬理学会関東部会
    ラット唾液腺におけるDBIを介した唾液抑制メカニズムの解明
    塚越絵里(東京歯科大学薬理学講座), 川口充, 吉川正信, 四宮敬史, 大久保みぎわ, 笠原正貴 日本薬理学雑誌(0015-5691)146巻Supplement Page55(2015)
    骨再生材料としてのフルバスタチン・ゼラチンハイドロゲル複合体の性状検討
    田邉耕士(東京歯科大学薬理学講座, 東京歯科大学口腔科学研究センター), 塚越絵里, 大久保みぎわ, 三浦直, 吉成正雄, 笠原正貴 日本薬理学雑誌(0015-5691)146巻Supplement Page56(2015)
  第299回東京歯科大学学会(例会)
    ジアゼパムによる薬物性口腔乾燥症の分子機構の解明
    塚越 絵里(東京歯科大学 薬理), 川口 充, 吉川 正信, 四宮 敬史, 大久保 みぎわ, 笠原 正貴 歯科学報(0037-3710)115巻3号 Page274(2015.06)
    ラット顎下腺の外科的創傷治癒モデルにおける創傷治癒細胞に対するコラーゲンゲルおよびEGFの影響
    小林 史卓(東京歯科大学口腔科学研究センター), 阿部 ヒロ, 笠原 正貴, 松坂 賢一, 井上 孝 歯科学報(0037-3710)115巻3号 Page274(2015.06)
  第300回東京歯科大学記念学会(総会)
    フルバスタチン局所投与の担体 アテロコラーゲン/ゼラチン複合体の物性
    喜田 晃一(東京歯科大学 口腔インプラント), 田邉 耕士, 三浦 直, 佐々木 穂高, 笠原 正貴, 吉成 正雄, 矢島 安朝 歯科学報(0037-3710)115巻5号 Page477(2015.10)
    口腔扁平上皮癌細胞における自家蛍光物質の発現解析
    丸茂 知子(東京歯科大学 顎顔面口外), 田邉 耕士, 三浦 直, 野村 武史, 笠原 正貴, 柴原 孝彦 歯科学報(0037-3710)115巻5号 Page484(2015.10)
  第57回歯科基礎医学会学術大会・総会
    プロタミン分解ペプチド(HAP-100)は薬物性唾液腺機能低下を改善する
    大久保 みぎわ(東京歯科大学 薬理), 川口 充, 四宮 敬史, 塚越 絵里 Journal of Oral Biosciences Supplement(2187-2333)2015巻 Page388(2015.09)
    ラット唾液腺におけるPAC1-R、StAR、CYP11A1の発現に及ぼすジアゼパムの効果
    塚越 絵里(東京歯科大学 薬理), 川口 充, 吉川 正信, 四宮 敬史, 大久保 みぎわ, 笠原 正貴 Journal of Oral Biosciences Supplement(2187-2333)2015巻 Page346(2015.09)
  4.著書・分担執筆
  笠原正貴
    1全身状態の評価 ワンポイント 1-1.健康調査票を活用しよう
    医療安全ワンポイント31:院内勉強会のためのワークブック:key questionによる要点整理. ヒョーロン・パブリッシャーズ, 2015.7, p8-11.
  5.その他
    巻頭言:「雨ニモマケズ」
    笠原正貴(東京歯科大学 薬理) 歯科学報(0037-3710)115巻3号 Page i(2015.06)
  解説
    Concomitant administration of nitrous oxide and remifentanil reduces oral tissue blood flow without decreasing blood pressure during sevoflurane anesthesia in rabbits. Kasahara M., Ichinohe T., Okamoto S., Okada R., Kanbe H., Matsuura N. Journal of Anesthesia.2015;29(3):421-425
    笠原正貴(解説). 医療ガス情報ファイル(N2O,Xe,NO,CO,H2S,H2,その他)#14. 住友精化株式会社, 2015.12, p12-13(File #4).

薬理学講座 (2015)