DSpace
Tokyo Dental College | Library

IRUCAA@TDC >

THE SHIKWA GAKUHO


Title: 齒科學報
ISSN: 0037-3710
URL: http://www.tdc.ac.jp/college/activity/tabid/124/Default.aspx
<誌名変遷>
歯科医学叢談: 1-4(1895-1899)
臨牀齒科學報: 1-4(1946-1950)

Logo
      
     

Vol.123 no.03 (2023) Table of Contents

【目次】
目次

3c - 3c
【巻頭言】
AI が時代を変える
  池上, 健司
3i - 3i
【2022年度東京歯科大学口腔科学研究センターワークショップ 2022年度東京歯科大学研究ブランディング事業成果報告】
1.「顎骨疾患プロジェクト」の総括と今後の展望
  山口, 朗
201 - 201
2.分子・細胞生物学ラボ研究成果報告
  大野, 建州
201 - 204
3.感染制御研究部門の研究成果報告
  澁川, 義幸
204 - 205
4.基礎-臨床橋渡し研究に基づいたFabLabグループの成果とこれからの展望
  菅原, 圭亮
205 - 206
5.咀嚼嚥下ラボ研究成果報告-健康長寿社会の実現を目指して-
  溝口, 利英
206 - 209
【学長奨励研究助成成果報告】
①長期経過からみた術者可撤式テレスコープ固定性上部構造による補綴デザインの確立-東京歯科大学型インプラントの開発を目指して-
  小田, 由香里
210 - 211
②歯周病原細菌の運動性が歯周炎の発症・進展に果たす役割の解明:Treponema denticola遺伝子TDE_0344の機能解析
  山下, 慶子
211 - 212
③筋内腱発生過程におけるSox9陽性細胞の役割
  山本, 将仁
212 - 214
④同時性口腔・大腸癌における生活習慣とp53およびGLUT1の発現の関連性についての検討
  浅原, 史卓
214 - 215
【コア研究部門成果報告】
①ストレス制御部門
  黄地, 健仁
216 - 221
②骨メカノバイオロジー部門
  中村, 貴
221 - 222
③リスク因子検討研究部門
  今村, 健太郎
222 - 223
【共同研究プロジェクト研究成果報告】
【I.分子イメージングと遺伝子発現解析による口腔疾患メカニズムの解明】in Vivo /ex Vivo 蛍光プローブイメージングによる侵害受容性/神経障害性疼痛解析
  澁川, 義幸; 谷村, 明彦; 木村, 麻記; 黄地, 健仁; 一戸, 達也; 小鹿, 恭太郎; 安松, 啓子; 佐藤, 涼一
224 - 227
【I.分子イメージングと遺伝子発現解析による口腔疾患メカニズムの解明】金属3D プリンタを駆使した歯科デジタルファブリケーション技術開発
  松永, 智; 高野, 直樹; 菅原, 圭亮; 田坂, 彰規; 笠原, 正彰; 笠原, 典夫; 小髙, 研人; 阿部, 伸一
227 - 229
【I.分子イメージングと遺伝子発現解析による口腔疾患メカニズムの解明】下顎骨に前方推進力をかけた時のエンテーシスにおけるヘッジホッグシグナリングの影響について
  石井, 武展; 溝口, 利英; 西村, 壽晃; 天野, 克比古; 西井, 康
230 - 232
【I.分子イメージングと遺伝子発現解析による口腔疾患メカニズムの解明】顔面写真を用いたAI による頭部骨格構造の計測
  立木, 千恵; 島村, 唯; 森野, 響子; 西井, 康; 松永, 智; 菅原, 圭亮; 萩原, 将文
233 - 233
【I.分子イメージングと遺伝子発現解析による口腔疾患メカニズムの解明】核膜タンパク質による骨芽細胞分化制御機構解明
  東, 俊文; 北條, 宏典; 岡田, 寛之
233 - 234
【I.分子イメージングと遺伝子発現解析による口腔疾患メカニズムの解明】ディスバイオーシスのプロセスにおける細菌間相互作用の解析
  石原, 和幸; 中村, 修一; 新谷, 誠康; 櫻井, 敦朗; 齋藤, 淳; 今村, 健太郎; 河野, 通良; 村松, 敬; 国分, 栄仁; 菊池, 有一郎; 米澤, 英雄
235 - 236
【II.分子レベルによる口腔疾患の病因解明と新たな診断・治療法の開発】歯槽骨骨量・骨質コントロールによる歯の移動促進法の確立
  西井, 康; 松林, 秀繁; 松永, 智; 戒田, 直紀; 笠原, 正彰; 笠原, 典夫; 北村, 啓; 立木, 千恵; 山本, 楓華
236 - 238
【歯学の進歩・現状】
「東京歯科大学研究プロジェクトからの情報発信」24.基礎-臨床橋渡し研究に基づいたFabLab グループの成果とこれからの展望
  菅原, 圭亮; 田坂, 彰規; 松永, 智; 片倉, 朗
239 - 249
【カラーアトラス】
根面齲蝕の診断基準と有病状況
  杉原, 直樹
251 - 253
【研究室から臨床へ】
研究室から臨床へ

255 - 255
【解説】
占領下に誕生した新しい歯科医学教育制度 第6編GHQ/SCAP リッジリー歯科軍医中佐の歯学教育認識(2) 米国歯学教育の変遷-終戦直後まで-
  金子, 譲; 石塚, 順子; 阿部, 潤也; 辻村, 育郎; 上田, 祥士; 福田, 謙一
257 - 291
【臨床報告】
歯科矯正用アンカースクリューを用いた骨格性Ⅱ級開咬症例
  小熊, 美里; 中村, 桂子
292 - 299
思春期性成長後から矯正治療を開始した鋏状咬合を伴う重度過蓋咬合症例
  木村, 絵美子; 有泉, 大; 西井, 康
300 - 309
【臨床のヒントQ&A】
ゴシックアーチ描記を行ったらタッピングポイントがバラついてしまいました。どのような治療をすればいいのでしょうか。(第1回)
  石田, 晃裕; 上田, 貴之
310 - 312
【投稿規定】
投稿規定

313 - 315
【編集後記】
編集後記

316 - 316