DSpace
Tokyo Dental College | Library

IRUCAA@TDC >

Researcher Page: 東京歯科大学卒業論文 (2001~2010)

 ≫Research
 ≫01.平成22年度 / 2010年度
 ≫02.平成21年度 / 2009年度
 ≫03.平成20年度 / 2008年度
 ≫04.平成19年度 / 2007年度
 ≫05.平成18年度 / 2006年度
 ≫06.平成17年度 / 2005年度
 ≫07.平成16年度 / 2004年度
 ≫08.平成15年度 / 2003年度
 ≫09.平成14年度 / 2002年度
 ≫10.平成13年度 / 2001年度

  Research
  01.平成22年度 / 2010年度
    01.Material Components Analysis of Dental Devices Circulate in Four Regions of the World, Japan, the United States, Europe and China
    黄地 健仁(口腔科学研究センター 口腔インプラント学研究部門)
    03.Inhibitory regulation developed in salivary gland of infant rat
    森本 久美子、和田 将朋(薬理学)
    05.Phylogenetic analysis of the gbpC and dbl genes among mutans streptococci
    小島 佑貴(生化学)
    06.Effects of dimercaptocompounds on sensitization of CDDP-resistant S180 cells
    齋藤 研太(薬理学)
    08.Streptococcus rattiの細胞外マトリックスタンパク質への結合能解析
    中村 有希(生化学)
    09.ラット臼歯歯胚におけるWntシグナル伝達系
    新田 由貴江(口腔超微構造学)
    10.歯根膜由来間葉細胞の骨分化における細胞外マトリックスの役割
    鈴木 香里(生化学)
    11.Effect of carbenicillin, erythromicin and clarithromycin on biofilm organized with Fusobacteirum nucleatum and Porphyromonas gingivalis
    神田 雄平(微生物学)
    12.Sucrose餌飼育ラットにおける歯周組織の創傷治癒
    大峰 悠矢(病理学)
    14.神経切断後の感覚神経終末数の再生-切断端結紮実験-
    高原 利和(生理学)
    15.石化海藻による歯の耐酸性強化に関する研究-特に象牙質の耐酸性について
    野末 真司(口腔超微構造学)
    17.DBI expression in rat salivary glands by diazepam administration
    萩尾 美樹(薬理学)
    18.AQP5 dynamics in salivary gland cells of STZ rat
    田中 恵里子(薬理学)
    19.Airway volume assessment in two orthognathic surgery cases using Three-Dimensional Computed Tomography
    髙田 恵(歯科矯正学)
    20.The antibiotic susceptibilities of Treponema denticola
    福嶋 玲雄(微生物学)
  02.平成21年度 / 2009年度
    01.障害者日帰り全身麻酔後の悪心嘔吐に影響を及ぼす因子について -多変量2群線型判別分析を用いた検討-
    中田 江利加、宮田 麻未(歯科麻酔学)
    02.グルカン依存性凝集をおこさないS.sobrinus OMZ176 株のdblB遺伝子領域の塩基配列の解析
    室積 秀正(生化学)
    03.エックス線CTによる三次元セファログラムとセファログラムとの比較検討-Ricketts分析法を用いた評価-
    吉田 雅康(歯科放射線学)
    04.培養線維芽細胞に対する各種保存液の影響
    木村 真由美(歯科保存学)
    05.角化を伴った顎骨嚢胞性病変の検討 -特に正角化性歯原性嚢胞の臨床病理学的特徴について-
    増岡 郁子(病理学)
    06.咬合高径の低下が下顎頭の位置に及ぼす影響
    草薙 彩花(有床義歯補綴学)
    07.Influence of handpiece maintenance sprays on resin bonding to dentin
    菅原 豊太郎(総合診療科)
    08.Variation of sequence of prtP and dentilisin activity
    辰馬 美央子(微生物学)
    09.Development of Colorimetric Oral Hygiene Evaluation System for Prevention of Aspiration Pneumonia in the Elderly
    山崎 加惠(微生物学)
    10.エナメルマトリックスタンパク添加がマラッセ上皮遺残由来細胞におよぼす影響-BMP-2、BMP-4、Noggin mRNA発現の変化について-
    菊地 陽(病理学)
    11.ラット顎・舌下腺のタイト結合におけるクローディンファミリーの局在について
    飯島 由貴(病理学)
    12.4-META/MMA-TBBレジンの硬化条件が組織に及ぼす影響 -病理組織学的ならびに免疫組織化学的検索-
    笠崎 真悟(病理学)
    13.Measurement of gamma-aminobutyric acid (GABA) after denervation in rat salivary glands
    内山 沙姫(薬理学)
    14.Local anesthetic-induced convulsion resulted from antagonizing against GABA(A)-R/chloride channel complex
    須川益充、清水俊宏(薬理学)
    15.The enhancing effects of 2,3-dimercapto-1-propanesulfonic acid sodium salt (DMPS) on anti-tumor activity of cisplatin (CDDP) to mouse ascites S180 cells
    鈴木大貴、矢島由香(薬理学)
    16.チタンの耐食性に及ぼす冷間加工処理の影響
    大平 貴司(歯科理工学)
    17.Galectin-3 inhibits cytokine-inducing activity of periodontopathic bacterial endotoxin in murine splenocytes
    鵜澤 陸(微生物学)
    18.Alternative expression of subunits in GABA receptor subtypes of rat salivary glands
    井上 裕梨(薬理学)
  03.平成20年度 / 2008年度
    01.MR Angiographyによる下歯槽動静脈の描出-顎顔面領域専用表面コイルを用いた基礎的研究-
    岡本 聡太(歯科放射線学)
    02.デイケアサービスを利用した在宅要支援・要介護者の口臭と口腔内状況
    逢坂 竜太(衛生学)
    03.顎口腔系の状態変化に対する静的・動的立位バランスの相関関係
    石上 貴之(スポーツ歯学)
    04.Successful breast-feeding can prevent the development of sucking habits in infants in their first 18 months of life
    重政 理香(小児歯科学)
    05.加齢に伴う、ラット付着上皮におけるラミニンγ2とインテグリンα3・β4の局在変化に関する研究
    井上 健児(病理学)
    06.歯牙再植後の歯根膜の細胞増殖と細胞死
    豊嶋 悠輔、和泉 佐知(病理学)
    07.星状神経節ブロック時の組織血流量の再分布-両側咬筋と同側大腿四頭筋の比較-
    井原 雄一郎、岡田 玲奈(歯科麻酔学)
    08.Expression of AMP-activated protein kinase, cystic fibrosis transmembrane conductance regulator, and epithelial sodium ion channel in salivary glands of radiation-induced xerostomia mouse
    樋口 はる香(生化学)
    09.Rat beta-defensin Expression and Insulin Effect in salivary glands in diabetes
    四宮 玲奈(薬理学)
  04.平成19年度 / 2007年度
    01.マレー人のミトコンドリアDNA多型検査と新しい系統N22bの確立
    石川 昂(法歯学)
    02.The Morphological Course of the Lingual Nerve in the Mandibular Molar Area
    本吉 真人(解剖学)
    03.Beneficial effect of cranberry polyphenol components on cariogenic bacteria
    佐藤 絵美子(微生物学)
    04.ヒトエナメル質に対する上皮細胞の接着機構-走査型電子顕微鏡および共焦点レーザー顕微鏡による検索-
    奈良 宏周(病理学)
    05.グルカン依存性凝集をおこさないS.sobrinus OMZ176株のgbpC1およびgbpC2ホモログ遺伝子の塩基配列の解析
    飯島 俊彦(生化学)
    06.東京歯科大学千葉病院口腔外科における平成18年度初診患者の臨床統計
    木瀬 章人、呂 宗彦、渡部 幸央(口腔外科学)
    07.日本・タイ・ネパールにおける成人歯科受診者の口腔保健行動に関する比較研究
    大平 真理子(衛生学)
    08.SW知覚テスターを用いた舌の知覚の正常値に関する研究
    木村 領太(口腔外科学)
    09.Application of resin-coating methods: effect of different bur grinding on micro-tensile bond strength to coated dentin
    大石 匠(保存修復学)
    10.ラット胎仔の眼瞼癒合部と臼歯萌出部上皮のアポトーシス
    本田 真由(口腔超微構造学)
    11.Trial study on immunohistochemical demonstration of gamma-aminobutyric acid(GABA)in rat salivary glands
    小松 俊一(薬理学)
  05.平成18年度 / 2006年度
    01.Intensive swimming: 1. Can it affect swimmers’ smiles? 2. Can it decrease the risk of dental caries?
    丸山 友恵(小児歯科学)
    02.日本の歯科大学・歯学部における国際交流および学生の国際保健医療活動に関する実態調査
    門井 謙典(衛生学)
    03.次亜塩素酸ナトリウムの歯面処理が接着性レジンセメントの接着強さに及ぼす影響
    石川 智子(歯科理工学)
    04.フェントラミンとプロプラノロールが兎の下顎骨骨髄血流量に及ぼす影響
    佐塚 祥一郎(歯科麻酔学)
    05.手術用顕微鏡から得られるビデオ画像と処理について
    夫馬 吉啓(歯内療法学)
    06.マレー人のミトコンドリアDNA多型検査により認められた新しい系統の確立
    佐々木 継泰(法歯学)
    07.A simple Colorimetric Method Using Saliva for Oral Hygiene Evaluation
    宇都宮 由希子(微生物学)
    08.NOS1 ノックアウトマウス歯髄におけるMn-SOD、NOS mRNA及びタンパクの発現
    石塚 洋一(口腔超微構造学)
    09.歯牙移植後の歯根膜の動態―Rosa26マウスを用いた検索
    武田 慶子(病理学)
    10.レトロチップを用いて形成した逆根管充填用窩洞の形態について
    森山 聖子、山口 絵美(歯内療法学)
    11.5-Aminoimidazole-4-carboxamide riboside(AICAR)induces apoptosis in leukemic monocytic lymphoma U937 cells
    長縄 拓哉(生化学)
    12.ラット培養骨髄細胞の移植による歯周組織の再生
    尾崎 亘弘(臨床検査学)
    13.培養歯髄細胞を骨欠損部に自家移植することによる骨治癒に与える影響
    松岡 海地(臨床検査学)
    14.NOS1ノックアウトマウス歯肉におけるi-、e-、n-NOSおよびMn-SODの発現-mRNAレベル・タンパクレベルからの検索-
    石岡 みずき(口腔超微構造学)
    15.骨芽細胞を標的とする歯周炎治療の可能性-歯周病原性細菌の菌体成分による骨芽細胞機能調節-
    伊川 裕明(生理学)
    16.ラット耳下腺腺房細胞におけるアポトーシスとアクチンフィラメントの形態的変化との関連性
    甲田 昭彦(病理学)
    17.MRIによる嚥下動態撮像に適した被験食品についての検討
    飯塚 美穂(歯科放射線学)
    18.Amplification of expressing cystatin S mRNA in rat salivary glands directly stimulated by LPS
    塚越 絵里(薬理学)
    19.Expressions of Bone Morphogenetic Protein (BMP)-2,-3 and -4 in Rat Salivary Glands
    大隅 寛子(薬理学)
  06.平成17年度 / 2005年度
    01.ヒト口腔癌由来細胞におけるシンデカン1の役割
    岩村 枝里(病理学)
    02.皮膚表面麻酔後の感覚回復過程の検討
    林 郁恵、柳瀬英理子(歯科麻酔学)
    03.脱臼後の歯牙および歯周組織応答の解析
    朝波 志穂、小池 晶彦(臨床検査学)
    04.Treponema denticola Dentilisin Plays a Key Role in the Coaggregation with Tannerella forsythensis
    松本 直也(微生物学)
    05.Capnocytophaga Strains Produce an Autoinducer-2
    平野 絵美、村松 英美(微生物学)
    06.局所麻酔薬添加のエピネフリンは星状神経節ブロック時の粘膜血流量増加を相殺する
    寺川 由比(歯科麻酔学)
    07.Matched Taper Single Cone 根管充填法の根管填塞性
    野口 沙希、松川 篤子(歯科保存学(Ⅰ))
    08.The production ability of TNFαin salivary gland tissues of rat
    菊池 百美(薬理学)
    09.Distribution of AQP5 mRNA in rat salivary glands by qPCR
    藤代 結香(薬理学)
    10.Localization of cystatin S mRNA in three major salivary glands of rat
    児島 泰子(薬理学)
    11.Questionnaire on Spread of Preventive Dentistry in Private Dental Clinics of Tokyo Dental College practicing alumni 同窓歯科診療所における予防歯科臨床に関するアンケート調査
    伊藤 聖子(衛生学)
    12.ラット臼歯歯根膜における弾性系線維の局在
    間 奈津子、淺井 知宏(解剖学(Ⅱ))
    13.Periodontopathic Bacterial Endotoxin-Induced Tumor Necrosis Factor α Production Was Inhibited By Exercise in Mice
    金子 早知子(微生物学)
    14.Dental caries on the lower first permanent molars in relation to the development of the sagittal occlusion and the caries experiences of primary molars: Sixteen-year follow-up
    中村 彩花(小児歯科学)
    15.トランペット奏者と顎関節疾患
    臼田 頌(スポーツ歯学)
    16.AMP活性化プロテインキナーゼα2サブユニット遺伝子のプロモーター解析
    森川 雅代(生化学)
    17.AMP活性化プロテインキナーゼβ1サブユニット遺伝子のプロモーター解析
    森谷 有三英(生化学)
    18.Hypoplastic Form of Amelogenesis Imperfecta Caused by Both an Amelogenin and Enamelin Gene Mutation
    正木 絵里、松井 依子(小児歯科学)
  07.平成16年度 / 2004年度
    01.採得した印象は繰り返し使用が可能か?
    荒野 太一(歯科理工学講座)
    02.Loss of heterozygosity in malignant mucosal melanoma of the head and neck
    黒岩 司(口腔外科学第一講座)
    03.顎下神経節細胞電位依存性カルシウムチャネル電流に対するPACAPの効果
    進士 明香(生理学講座)
    04.新しい加温軟化ガッタパーチャ充填法による根管充塞能の評価
    佐野 由美子、山口 透子(歯科保存学第一講座)
    05.歯科治療時の不安が痛みに及ぼす影響
    大川 恵子(歯科麻酔学講座)
    06.マウス唾液腺におけるmatrix metalloproteinase(MMP)-3ならびに-7の発現
    盛 晋作(病理学講座)
    07.Streptococcus mutanspac遺伝子における高変異領域の塩基配列解析-21株間での相違比較-
    法月 良江、村上 千明(生化学講座)
    08.歯科用パノラマX線による下顎智歯の観察
    福原 郁子(口腔外科学第一講座)
    09.ラット切歯抜歯窩の創傷治癒におけるβ-TCPの影響
    太田 淳也(臨床検査学研究室)
    10.歯胚を用いた歯牙再生医療-移植されたラット歯胚の動態を探る-
    徳永 恵理(臨床検査学研究室)
    11.Expressions of the Mucin 7 mRNA in brain,kidney,liver and three major salivary glands of mice
    橋本 美穂(薬理学講座)
    12.Differences of the lactoferrin mRNA expressions in brain,kidney,liver and three major salivary glands
    林 美樹(薬理学講座)
    13.口腔扁平上皮癌におけるオステオポンチンの発現について
    佐塚 亜樹子(病理学講座)
    14.類基底扁平上皮癌におけるコネキシン43の役割
    竜 正大(病理学講座)
    15.当講座における新鮮自家腸骨海綿骨 (autogenous particulate cancellous bone and marrow : PCBM) 移植術の臨床統計的観察
    武田 瞬、安井 雅子(口腔外科学第一講座)
    16.マウス唾液腺におけるオステオポンチンの発現と局在
    黒川 真衣(病理学講座)
    17.ラット顎下腺腺房細胞におけるタイト結合とアクチン細胞骨格
    髙藤 康夫(病理学講座)
    18.Expressions of Bone Morphogenetic Protein 5(BMP5) in Salivary Glands,Brain,Kidney and Liver of Mice
    吉野 温子(薬理学講座)
    19.座位と水平位における咬合接触状態の違い
    高橋 尚子(歯科補綴学第二講座)
  08.平成15年度 / 2003年度
    01.口腔扁平上皮癌における第2番染色体長腕上のヘテロ接合性消失(LOH)とマイクロサテライト不安定性(MSI)の検討 -臨床的・病理組織学的特性との関連-
    柿本 吉堂(口腔外科学第一講座)
    02.CO2レーザーの歯髄治療への有用性に関する研究
    佐藤 昭之(臨床検査学)
    03.Expression and localization of the peripheral type benzodiazepine receptor (PBR) in rat parotid gland
    山崎 貴希(薬理学)
    04.付着上皮におけるタイト結合を探して-免疫蛍光染色法によるOccludin、Claudin、ZO-1 の局在について-
    湯村 潤子(病理学)
  09.平成14年度 / 2002年度
    01.Comparison of Temporal Changes in Components of Formalin Guaiacol under Several Storage Conditions
    山野 由紀男(薬理学・微生物学)
    02.Existence of Bone Morphogenetic Proteins and Its Receptors in Rat Salivary Glands
    白石 結子(薬理学)
    03.Fimbriae-Associated Genes Are Biofilm Forming Factors in Actinobacillus actinomycetemcomitans Strains
    齋藤 貴之、中嶋 顕(微生物学)
    04.ラット顎下腺のTight Junction(タイト結合)とParacellular Pathway(傍細胞経路)-唾液分泌に伴うTight Junctionの形態的変化について-
    髙木 幸子(病理学)
  10.平成13年度 / 2001年度
    01.DNA diagnosis of a Japanese family with X‐linked anhidrotic ectodermal dysplasia
    岡本 真吾(小児歯科学)
    02.ステイン陶材の焼成方法が異種陶材境界での色調の表現性に与える影響
    我妻 將喜(歯科理工学)
    03.接着性レジンセメントの物性
    佐々木 穂高(歯科理工学)
    04.PCR法によるmutans streptococci の検出に関する研究-ミューカウント・陰性者における検出-
    鏡 明祥(生化学)
    05.熱刺激環境下における歯髄の応答に関する研究 特にheat shock protein 70(HSP 70)の発現について
    久保 浩太郎(病理学)
    06.口腔扁平上皮癌における細胞増殖と癌抑制遺伝子の発現に関する 免疫組織化学的検討
    鈴木 敏雄、宮原 貴彦(病理学・臨床検査学)

東京歯科大学卒業論文 (2001~2010)