DSpace
Tokyo Dental College | Library

IRUCAA@TDC >

Researcher Page: 東京歯科大学卒業論文 (1921~1930)

 ≫Research
 ≫01.昭和5年度 / 1930年度
 ≫02.昭和4年度 / 1929年度
 ≫03.昭和3年度 / 1928年度
 ≫04.昭和2年度 / 1927年度
 ≫05.大正15年度 / 1926年度
 ≫06.大正14年度 / 1925年度
 ≫10.大正10年度 / 1921年度

  Research
  01.昭和5年度 / 1930年度
    01.産業衛生上より観たる口腔諸臓器疾患に関する研究綜説
    丸山 芳郎
    02.口腔領域に於ける代償性月経並びに月経時に於ける抜歯創出血に就て
    近藤 薫
    03.経口的異物特に義歯に附いて
    藤江 義三
    04.歯槽膿漏の発生原因考察補遺
    工藤 清吉
    05.口腔底蜂?織炎に就いて
    明楽 通雄
    06.歯牙形態と齲蝕統計との相関々係に就て
    長谷川 晋一
    07.口腔清掃と歯刷子に就いて
    寺戸 英郎
    08.ヴイタミン食物と歯牙
    岸田 実
    09.飲食物の歯牙に及ぼす影響に就て
    菊地 秀信
    10.六才臼歯齲蝕に就て
    高柳 秀夫
    11.栄養及び光線
    吉井 五郎
  02.昭和4年度 / 1929年度
    01.女性と口腔衛生
    須郷 慶喜
    02.児童と口腔衛生
    中村 正男
    03.抜歯創の生物学的観察
    藤正 政人
    04.歯刷子改良に就て
    小池 光雄
    05.口腔感染ト全身的関係並全身的疾患ノ口腔ニ現ハルヽ症候
    猪俣 之助
    06.ハッチンソン氏所説ト歯牙ヒポプラジーニ就テ
    浅野 広見
    07.妊娠期間中に於ける口腔疾患
    水野 良藏
    08.齲蝕ト食物トノ関係
    小鹿野 一朗
    09.齲蝕の原因論並びに其の豫防に就いて
    小船 不二男
    10.再感染並に根管の處置
    山口 貞夫
    11.慢性歯頚部性化膿性歯周囲組織炎(所謂歯槽膿漏)ノ各論並齲蝕トノ関係ニ就イテ
    井関 清栄
    12.社会衛生と口腔疾患
    加藤 繁夫
    13.不正咬合ニ就テ
    斉藤 靜三
    14.歯齦?と歯槽膿漏
    山田 利通
    15.歯科口腔科領域に於ケル放射線療法に就て
    舟元 秀夫
    16.歯牙沈着物ニ就イテ
    梅田 寿三
    17.金冠ニ就イテ
    増田 勲
    18.歯科臨床上必要なる薬物の協同作用に就て
    渋谷 清
    19.結核病と口腔衛生
    福田 猛
    20.歯牙と栄養
    廣瀬 浩
    21.歯冠形態ト齲蝕
    山田 三郎
    22.婦人体性器ノ疾患ト歯牙トノ関係
    山崎 安三
    23.口腔粘膜並ニ附近組織に於ケル後天性微毒ノ徴候ニ就テ
    伊ヶ崎 貞雄
    24.濾胞性歯牙?腫Folliculargysteについて
    菊地 原午郎
    25.口の使命
    寺尾 清
    26.齲蝕を中心として観たる口腔衛生史概論
    井手 畫夜
    27.齲蝕ト其ノ予防
    富田 文二
    28.最近に於ける歯槽膿漏病理研究について
    野沢 悦郎
    29.生歯並に歯牙ノ異常ニ就テ
    大澤 豊吉
    30.補綴又ハ充?セル歯牙ノ外観調和ニツイテ
    佐々木 喜代美
    31.口腔ニ於ケル癌腫ニ就テ
    大久保 清次
    32.二・三・口腔診査ノ私見
    芝田 健士
    33.?業病としての口腔疾患に就て
    廣戸 亮
    34.人類歯牙ノ退化現象ノ研究ニ就て
    坂井 弥市
    35.永久第一大臼歯の統計的調査上ヨリ観タル工場歯科私見
    飯塚 勝
    36.局所麻酔ニ対スル吾人ノ注意
    稲用 正次
    37.カルシウム塩類及びヴィタミンの歯牙構成に及ぼす影響
    石田 良雄
    38.栄養ニ関スル歯牙疾患
    加藤 義武
    39.止血の理論及口腔出血と其療法に就て
    伴 方敏
    40.歯牙保健上重要ナル栄養素ニ就イテ
    北 忠道
    41.歯牙疾患ニ関係アル眼ノ疾病
    川上 三郎
    42.?業、習慣に依る口腔疾患に就て
    小澤 珖太郎
    43.文化ト齲歯トノ関係 殊ニ食養問題 附 齲蝕予防法
    佐和 正巳
    44.歯槽膿漏之臨床的所見
    宿利 久光
    45.A FEW OBSERVATIONS ON THE OCCLUSION (咬合に就いての考察)
    澤 勉
    46.Dental caries and pulp sequela resalting from Experiment diets.
    根本 忠義
    47.歯牙沈着物ニ就テ
    土屋 眞
    48.小児の齲蝕に就て
    高木 喬
    49.歯牙病竈感染問題ニ就テ
    森下 四郎
    50.歯石ノ成因ニ就テ
    生駒 慧
    51.齲蝕と其豫防
    三浦 涼太郎
    52.智歯周囲炎の予後論
    安東 猛
    53.永久歯殊に第一大旧歯に於ける初期齲蝕の予防処置実施に関する一考察
    尾 栄
  03.昭和3年度 / 1928年度
    01.歯牙の早期保護
    松永 行文
  04.昭和2年度 / 1927年度
    01.口腔疾患診断時に於ケル尿検査価値
    末岡 精次
    02.歯科医学ノ社会化ト口腔衛生
    桜井 義一
    03.口腔と密接なる歯刷子に就て
    新原 広光
    04.小児期に於ける栄養問題と口腔疾患に対する感受性について
    三富 長五郎
    05.歯牙に於けるヴィタミンとカルシウムの関係について
    高木 健吉
    06.予防医学上より見たる口腔清掃の価値
    白井 馨
    07.歯牙予防矯正に就て
    石川 義彦
    08.歯科予防に於ける磨歯剤の任務
    山口 繁
    09.健全六才児旧歯保存について
    塚本 勝也
    10.消化器系疾患と口腔衛生
    渡辺 寛
    11.消化作用に於ける酵素に就て
    窪川 学太郎
    12.社会文明の進歩と歯牙疾病の関係
    竹村 貞正
  05.大正15年度 / 1926年度
    01.地方農村と口腔疾患に関する豫防医学に就て
    中山 安
    02.学校歯科衛生に就いて
    河村 忠夫
    03.歯刷子の研究 A Study of the Toothbrush
    上利 貞馬
    04.工業と口腔衛生
    福田 弐郎
    05.舌脊の器械的清掃に就きて
    川崎 幸次郎
  06.大正14年度 / 1925年度
    01.口腔衛生的方面ヨリ見タル歯科矯正術ノ価値ニ就テ
    斎藤 熈
    02.現代歯科医学の矛盾
    大西 弥吉
    03.口腔衛生の見地より見たる疼痛の意義
    佐藤 仁見
    04.児童に於ける歯列に就いて
    多田 清
    05.口腔疾患の兒童学業成績
    三隅 啓三
  10.大正10年度 / 1921年度
    01.口腔臓器の異常及び之に関?せる顔貌の畸型の原因 殊に遺伝と出生前後の器械的刺戟に就て
    高橋 茂

東京歯科大学卒業論文 (1921~1930)